港南区・栄区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

蛯原英里さん 楽しいママライフ語る 京急百貨店で講座

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
笑顔でママライフを語る蛯原さん(右)
笑顔でママライフを語る蛯原さん(右)

 京急百貨店(上大岡)で9月17日、全国でベビーマッサージなどの講座を開催する日本チャイルドボディケア協会代表で一児の母親でもある蛯原英里さんが「親子のふれ愛と子育て」をテーマに、楽しく愛情を持って子どもと過ごすための考え方を語った。

 学びや体験など、さまざまなコンテンツを提供する同店の新規事業「COTONOWA(コトノワ)」の第1弾となる特別講座として開催。司会はフリーアナウンサーの小倉淳さんが務め、この日は主に乳幼児を連れた母親30組が参加した。

 蛯原さんは、看護師としてNICU(新生児集中治療室)に6年間勤務した後、アパレルの仕事を経てベビーマッサージの勉強を始めた。そのきっかけについて「書店で本を見つけ、使命だと思った」と蛯原さん。

 また妊娠中は、楽しいマタニティライフを送るためにやりたいことをリスト化。出産日前夜は「1つの身体から赤ちゃんが離れちゃう寂しさや、楽しかったマタニティライフを思い返して泣いてしまった」と笑いながら明かし、参加した母親たちの共感を誘っていた。

 司会の小倉さんが子育て期を振り返り、「昔は抱っこしていると『抱き癖が付く』と指摘された」と話すと、「癖が付くくらい抱っこしていいと思う。忙しいからこそ、スキンシップを大事にしたい」と蛯原さん。

 ベビーマッサージのレッスンで始めに行う「はじまりの歌」も参加者と一緒に実践し「子どもと向き合って触れ合うと、ママも赤ちゃんもいい気分になる。見つめてあげるだけで、子どもへの愛情ホルモンも増えるのでぜひやってみて」と呼びかけていた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月23日号

「港南台も時代の変わり目に」

「港南台も時代の変わり目に」 社会

連合自治会が賀詞交歓

1月23日号

自宅で最期を迎えるために

自宅で最期を迎えるために 教育

港南区3医師が講演

1月23日号

「身体を動かす楽しさを」

「身体を動かす楽しさを」 スポーツ

港南区体協が体操教室

1月23日号

「横浜が大きく開化へ」

「横浜が大きく開化へ」 政治

瀬之間市議、新春の集いで

1月23日号

パソコンで活動の幅広げて

パソコンで活動の幅広げて 文化

e-プラザが会員交流会

1月23日号

「一方向の支援ではなく」

「一方向の支援ではなく」 社会

栄区で災害時支援講演会

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク