港南区・栄区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

9月5日付で港南警察署の新署長に着任した 青山 利史(としちか)さん 港南在住 53歳

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

「何事もない日」を目指して

 ○…警察官としての31年間のキャリアで、航空隊長や高津署副署長を歴任してきたが署長職は自身初。着任後、署員に対して呼びかけたのは「地域住民の目線で仕事をしよう」。刑法犯自体は近年減少傾向にあるものの、「体感治安はそこまで良くなっていない。地域と連携しながら身近な犯罪を防ぎ、まちの安全安心をさらに高めていきたい」。

 ○…勤めてきた部署は大半が「地域」と「警備」。前職も県警本部の危機管理対策課長で、記憶に新しいのは昨年5月、箱根山の噴火警戒レベル引き上げへの対応。前例のない事態に戸惑いもしたが、県や箱根町との連携により人的被害の発生は防いだ。「危機管理は準備が9割。最悪の事態を想定し、なお万全ではないと自覚することが重要」。何事もなかった――それ自体が注目されることはほとんどなくとも、なによりの誇りだ。「警察の仕事は、警察だけじゃできない。安全や安心のために地域やほかの行政機関の協力、連携が欠かせない」。

 ○…生まれ育ったのは川崎市。「アニメの『空手バカ一代』を観てから、ずっと強さに憧れがあった」という少年時代だったが、中学高校では俊足を生かして陸上部に入部。大学入学を機に格闘技を始めようと決意すると、空手ではなく「投げるのもありで、一番実践的だと思った」と日本拳法の道を選んだ。「練習をやればやるだけ成果が出て、それがまた楽しかった」。仲間と全力でぶつかりあった日々を懐かしむ。

 ○…港南区の印象は、「静かな住宅街、賑やかな駅前の両方がある。何よりすごいのは住民のボランティア活動の熱心さ」。妻と娘2人がいるが、現在は単身生活で、「今まで任せきりだったんだなと、しみじみ感謝の日々」。一番の気分転換は身体を動かすことで、ジョギングと筋トレが日課。「ウオーキングマップを持って、まずはコースを歩こうかな」。まちの平和に向けて静かに一歩を踏み出す。

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6

青井 茂樹さん

このほど日本棋院横浜栄支部の支部長に就任した

青井 茂樹さん

栄区庄戸在住 64歳

12月3日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月19日号

レジェンド松下さん(本名:松下周平)

県警の特殊詐欺被害防止の動画に出演している人気実演販売士

レジェンド松下さん(本名:松下周平)

栄区出身 41歳

11月12日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月5日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月29日号

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク