港南区・栄区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

9月5日付で港南警察署の新署長に着任した 青山 利史(としちか)さん 港南在住 53歳

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

「何事もない日」を目指して

 ○…警察官としての31年間のキャリアで、航空隊長や高津署副署長を歴任してきたが署長職は自身初。着任後、署員に対して呼びかけたのは「地域住民の目線で仕事をしよう」。刑法犯自体は近年減少傾向にあるものの、「体感治安はそこまで良くなっていない。地域と連携しながら身近な犯罪を防ぎ、まちの安全安心をさらに高めていきたい」。

 ○…勤めてきた部署は大半が「地域」と「警備」。前職も県警本部の危機管理対策課長で、記憶に新しいのは昨年5月、箱根山の噴火警戒レベル引き上げへの対応。前例のない事態に戸惑いもしたが、県や箱根町との連携により人的被害の発生は防いだ。「危機管理は準備が9割。最悪の事態を想定し、なお万全ではないと自覚することが重要」。何事もなかった――それ自体が注目されることはほとんどなくとも、なによりの誇りだ。「警察の仕事は、警察だけじゃできない。安全や安心のために地域やほかの行政機関の協力、連携が欠かせない」。

 ○…生まれ育ったのは川崎市。「アニメの『空手バカ一代』を観てから、ずっと強さに憧れがあった」という少年時代だったが、中学高校では俊足を生かして陸上部に入部。大学入学を機に格闘技を始めようと決意すると、空手ではなく「投げるのもありで、一番実践的だと思った」と日本拳法の道を選んだ。「練習をやればやるだけ成果が出て、それがまた楽しかった」。仲間と全力でぶつかりあった日々を懐かしむ。

 ○…港南区の印象は、「静かな住宅街、賑やかな駅前の両方がある。何よりすごいのは住民のボランティア活動の熱心さ」。妻と娘2人がいるが、現在は単身生活で、「今まで任せきりだったんだなと、しみじみ感謝の日々」。一番の気分転換は身体を動かすことで、ジョギングと筋トレが日課。「ウオーキングマップを持って、まずはコースを歩こうかな」。まちの平和に向けて静かに一歩を踏み出す。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

森 博子さん

「港南台 街&暮らし白書づくりプランナーズ会議」の代表としてこのほど白書を完成した

森 博子さん

港南台在住 77歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

1月1日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

守 民夫さん

芹が谷やまゆり園の園長としてこのほど新園舎への移転を完了した

守 民夫さん

港南区芹が谷在勤 50歳

12月23日号

有友 フユミさん

「お互いさまねっと公田町団地」の代表として多目的拠点を運営する

有友 フユミさん

栄区公田町在住 75歳

12月16日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook