港南区・栄区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

小2の大野君 大人に交じりお囃子 永谷天神囃子

文化

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
永谷天神囃子のメンバー(前列中央右が廉君、後列中央が薫さん)
永谷天神囃子のメンバー(前列中央右が廉君、後列中央が薫さん)

 上永谷にある「日本三躰 永谷天満宮」の祭事を中心に、学校や町内会など地域で幅広く祭囃子を披露している「永谷天神囃子」(深野英男会長)。1980年に同神社の氏子青年有志によって発足し、現在16人のメンバーが活動している。

 60歳から70歳代までのメンバーが多くを占める中、唯一の小学生メンバーとして活動しているのが、永野小学校2年生の大野廉君だ。今年初め、母親の薫さんに誘われて永谷天神囃子に加わった。

 薫さんは和太鼓演奏の経験を持つ。昨年同神社で秋季例祭の一行事として行われた奉納演芸大会で、永谷天神囃子の演奏を見て入会を決めたという。「近所だし、やってみたかった」と薫さん。廉君を幼いころから和太鼓の練習に連れてきていたこともあり、誘ってみたところ、「(興味のあった)獅子舞の中に入れるなら」という条件つきで入会することになった。

 演奏では笛、太鼓、鉦(かね)を使用し、全員がすべての楽器を担当する。楽譜がないため、「感覚をつかむのが難しい」というが、廉君は「獅子の中に入って動くのと、太鼓をたたくのが好き」とほほ笑む。薫さんは「メンバーの方々から昔話や地域のお話も聞かせてもらっている。子どもの遊びが物質的なものが多い時代だからこそ、日本文化や礼儀作法なども学べて貴重な経験をしている」と活動の良さを笑顔で語る。

 会長の深野さんは「昔は子どものメンバーも多くいた。今後もっと増えてくれたら」と話していた。

 稽古は毎週火曜の午後7時30分から同神社の神楽殿で行っている。問い合わせは同神社の社務所(【電話】045・844・7244)へ。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月23日号

「港南台も時代の変わり目に」

「港南台も時代の変わり目に」 社会

連合自治会が賀詞交歓

1月23日号

自宅で最期を迎えるために

自宅で最期を迎えるために 教育

港南区3医師が講演

1月23日号

「身体を動かす楽しさを」

「身体を動かす楽しさを」 スポーツ

港南区体協が体操教室

1月23日号

「横浜が大きく開化へ」

「横浜が大きく開化へ」 政治

瀬之間市議、新春の集いで

1月23日号

パソコンで活動の幅広げて

パソコンで活動の幅広げて 文化

e-プラザが会員交流会

1月23日号

「一方向の支援ではなく」

「一方向の支援ではなく」 社会

栄区で災害時支援講演会

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク