港南区・栄区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

日本共産党 横浜市会議員 みわ智恵美 市政報告 一部負担金は有料化の第一歩に!? 小学4〜6年生、窓口で1回最大500円の負担

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市会は来年2017年4月から小児医療費助成(通院)の対象を、現在の「小学3年生まで」から「小学6年生まで」に拡大する一方、小学4〜6年生については医療機関の窓口で1回最大500円の一部負担金を導入する改正案を賛成多数で可決しました。

 日本共産党は助成対象年齢の引き上げには賛成ですが、一部負担金の導入は子どもの命と健康に格差を生み出すものであり、反対しました。

他制度に広がる可能性も

 一部負担金の導入は、病気の子どもを「受益者」とみなすもの。重度心身障害者やひとり親家庭の助成制度への導入が心配です。

財政的には一部負担金なしでも大丈夫

 横浜市の林文子市長は、持続可能な制度とするためといいますが、その財政的根拠は示されていません。負担金なしで無料にするためには財源5億円が必要としていますが、昨年度、健康福祉局で使い残したのは58億円。十分に賄えます。

ごみ屋敷問題は福祉的支援が中心

 日本共産党は今年1月、ごみ屋敷問題についてすでに条例を施行している京都、大阪市を視察しました。4月には担当職員の配置や対策本部設置の明記など、林文子市長に対して7項目に渡る要望を行いました。

 ごみ屋敷問題は、行政が強権的にごみを撤去することや罰則を科しても根本的な解決にならず、再びごみ屋敷に戻ってしまう恐れもあります。そのため、福祉的な支援を条例の中心にすえることを強く訴えました。

 これを受け「ごみ屋敷条例」では、当事者が抱える孤立などの生活上の諸課題の解決に向けた取り組みが適切に行われるよう、市長が支援を行うなど福祉的支援が中心にすえられ、議会は全会一致で可決しました。



子ども医療費助成の対象年齢引き上げと、窓口負担導入をやめるよう求める1万6586人分の署名が市長と市会議長宛てに提出されました(9月1日横浜市役所にて)
子ども医療費助成の対象年齢引き上げと、窓口負担導入をやめるよう求める1万6586人分の署名が市長と市会議長宛てに提出されました(9月1日横浜市役所にて)

みわ 智恵美

横浜市港南区上大岡西1-19-20-301

TEL:045-844-3635
FAX:045-841-8975

http://www.miwa-chiemi.jp

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

市内飲食店の利用促進事業

横浜経済活性化へ一手

市内飲食店の利用促進事業

市会議員 たのい一雄

10月21日号

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党第4区総支部

ブレずに進める野党共闘

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

10月14日号

国民に寄り添い 約束を果たす

意見広告

国民に寄り添い 約束を果たす

衆議院議員 すが 義偉

10月14日号

国・県・市で連携を

自民党 市会議員 せのま康浩

国・県・市で連携を

10月14日号

「菅前総理の功績は大きい」

自民党 市会議員 たのい一雄

「菅前総理の功績は大きい」

10月14日号

コロナを収束させ経済再生を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

コロナを収束させ経済再生を

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook