港南区・栄区版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

永谷天満宮 「歳神様」炎で見送り さいと焼きに150人

文化

勢いよく燃える炎の周りで暖を取る参列者たち
勢いよく燃える炎の周りで暖を取る参列者たち
 上永谷にある「永谷天満宮」(川辺浩司宮司)で14日、恒例の「さいと焼き」が行われた。さいと焼きは正月のしめ縄飾りや門松を焚き上げで焼くことで、出迎えた「歳神様」を炎とともに見送る行事で、全国各地で行われている。同神社では氏子会を中心に毎年準備を行っているという。

 寒空の下、境内には地域住民ら約150人が参列。川辺宮司によって神事が執り行われた後、中央に集められた飾りになどに火がつけられた。参列者は勢いよく燃える焚き上げの周りを囲み、暖を取りながら静かに祈っている様子だった。

厳かに行われた神事
厳かに行われた神事

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク