港南区・栄区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

港南台 「サンタこども食堂」拡大へ 地区センターでも開始

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena
(写真左から)橋本さん、吉田さんと横浜明朋高校の生徒を含むボランティアメンバー
(写真左から)橋本さん、吉田さんと横浜明朋高校の生徒を含むボランティアメンバー

 港南台地域ケアプラザで子どもに温かい食事と居場所を提供している「サンタこども食堂」が、4月から港南台地区センターでも活動を開始する。第3火曜日に夕食を中学生以下無料で提供するほか、学習スペースを設けるなど新たな居場所づくりに取り組む。

 サンタこども食堂(吉田登代表)は昨年5月から港南台地域ケアプラザで月に1度オープンし、小学生未満無料、高校生以下100円といった低価格で食事と居場所を提供してきた。食事は毎回20人ほどのボランティアスタッフのほか近隣の横浜明朋高校の生徒も参加して準備している。

 活動のきっかけは子どもの貧困や孤食といった社会問題で、”サンタ”の愛称で親しまれる代表の吉田さん(75)は「食事は1日に3食あるので月に1食では物足りない。いずれは活動を広げていきたいと考えていた」と振り返る。

 毎月の活動を重ねて体制も整ってきたころ、港南台地区センター(港南区港南台5の3の1)に協力を打診し、新たに月1回実施できることになった。同地区センターの館長は「火曜の夜は一般の利用も比較的少なく、月に1回の調整がついた。体育室も個人利用の時間帯なので活用しやすいのでは」と話す。子どもたちが自習に取り組めるスペースなども可能な限り提供していくという。

中学生以下は無料

 地区センターでのオープンを機に、サンタこども食堂では4月から中学生以下を無料とする。毎回50食を準備するが、「定員を超えた場合でもそのまま帰さず、何かしらの食事で対応する」と吉田さんは話す。

 地区センターでの活動で運営責任者を務める橋本由美子さん(69)は「『いつ来ても受け入れられる』という楽しい雰囲気が大事。大人数の食事を工夫しながら調理するのは楽しいし、子どもたちとのふれあいにはいつも元気をもらう。勉強も必要だけど、それも含めてやりがい」と語る。

 地区センターでの第1回の実施は4月18日午後4時から8時まで。ボランティアスタッフも募集中。問い合わせは橋本さん(【携帯電話】080・5052・0692)へ。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区2案が2次審査へ

横浜市まち普請事業

港南区2案が2次審査へ 社会

集会所・カフェ整備めざし

1月16日号

ラポール上大岡オープン

ラポール上大岡オープン スポーツ

障害者スポーツの拠点

1月16日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

「つながりを大切に」

港南区長インタビュー

「つながりを大切に」 社会

「区民との連携・協働」を強調

1月1日号

「東京五輪のその先も」

(株)横浜スタジアム

「東京五輪のその先も」 スポーツ

藤井社長 新春インタビュー

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク