港南区・栄区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

京急百貨店 学生とコラボ商品販売 県産品使った惣菜

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena
(上)商品化に携わった学生4人(21日)と販売された商品
(上)商品化に携わった学生4人(21日)と販売された商品

 京急百貨店が神奈川県立保健福祉大学の学生とコラボレーションを組んだ商品「はまぽーくとキャベツの甘辛ロール」が先月16日から22日にかけて、同店地下1階の食品売場で期間限定販売された。

 商品化のきっかけは昨年6月に開催された横浜銀行主催の「地方創生『県産品お弁当コンテスト』」。同大の「食育サークルシーラボ☆Bチーム」(木村江里さん、滝野理紗さん、大塚桃姫(ももね)さん、西上奈織(なお)さん)の作品に、審査員として参加した同店が特別賞を授与した。

 授賞作品の商品化を検討していた同店では、弁当の中から惣菜1品を選び、学生たちと商品化に向けて試作を開始。弁当は働く若い女性をターゲットにしたレシピだったが、今回の商品化にあたり、同店の惣菜売場を多く利用する60代前後の少人数世帯をターゲットにするため、アレンジと試作を重ねた。

 3年生の木村さんは「県産品のはまぽーくを使用し、野菜も摂れて一品で満足感を得られる商品を目指した」とこだわりを話す。

 19日と21日には学生自らが店頭に立ち、試食販売も実施。木村さんは「60代くらいのお客様から、『普段どのようなものを食べたら良いか考える参考にもなる』と言ってもらえた。管理栄養士を目指しているので、その人に合った食生活を考える上でも良い経験になった」と笑顔を見せた。

 学生たちと打ち合わせを行った同店・食品MD統括部バイヤーの武石和馬さんは「売行きも良い。動きのある売場を目指しているので、学生たちが立つと新鮮になる」と話していた。

 同店は「今後も、学生や地域と連携して取り組みを行いたい」としている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

日野南小でどんど焼き

日野南小でどんど焼き 文化

地域合同の「お楽しみ会」

1月16日号

消費税完納推進を宣言

消費税完納推進を宣言 経済

税務6団体が出席

1月16日号

「技術を磨く時間の確保も」

「技術を磨く時間の確保も」 経済

コアデンタルラボ横浜

1月16日号

「ハサップの普及啓発を」

「ハサップの普及啓発を」 社会

港南区食協が新年会

1月16日号

「200年続くよき地域に」

「200年続くよき地域に」 社会

ひぎり連合で賀詞交換

1月16日号

万葉集の歌語り

万葉集の歌語り 文化

23日、戸塚区民文化センター

1月16日号

若者向け動画でPR

ともに生きる社会かながわ憲章

若者向け動画でPR 社会

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク