港南区・栄区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

保健師として神奈川県看護賞を受賞した 近藤 政代さん 栄福祉保健センター長 59歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

人を繋ぐまちの仕組みを

 ○…県内の保健師、助産師、看護師などを対象として、長年の功労や顕著な業績をあげた人に贈られる「神奈川県看護賞」をこのほど受賞した。「受賞は個人だけど、多くの人に支えられて仕事をしてこられた。地域住民をはじめ、周りの人への感謝の気持ちが大きい」。保健師として担当した各部署で、それぞれが抱える課題と向き合ってきた。

 ○…市大附属病院で看護師として3年間働いた後、退職して保健師の資格を取得し、25歳で横浜市に入庁。各区や市の部局を経て、昨春から栄福祉保健センター長を務める。人のためになる仕事をと看護師になったが、学生のころに脳性まひがある少女とその母親と出会い、保健師を目指すようになった。「地域で普通に暮らすことがいかに大変か。病院の中だけでなく、退院後や病気の予防にも関わりたいと思った」

 ○…必要があれば仕組みそのものを見直してきた。「問題があると枝葉末節に目が行きがちだけど、『本質は何か』をいつも自問してた」。例えば小児対象の訪問看護は以前からニーズがあったが、従来は対応できる看護師がほとんどいないという課題があった。人材育成のため、民間事業者を対象に研修プログラムを作り、研修を実施して、既存の訪問看護ステーションが小児に対応できるよう尽力した。「必要だと思った人がやるしかない。誰かがやってくれるわけじゃないから」。予算化するため、休日も使ってデータや論文など説得材料を集めた。「あの制度があってよかった、助かった、という人の声がやりがいになってる」

 ○…鶴見区出身で5人姉妹の長女。「自分ではのんびりした性格だと思う」。おにぎりと水筒を持って公園に出かけ、木々や鳥を見るのが息抜き。「栄区は緑が多いから、四季を感じられて幸せ」と笑顔を見せる。「まちには人と人がつながり合う仕組みが必要」。誰もが安心できるまちへ、1歩ずつ歩みを進める。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

瀧脇 信さん

街に新たな交流拠点を創出する(一社)からこそBOXの代表理事を務める

瀧脇 信さん

横浜市出身 24歳

11月11日号

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook