港南区・栄区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

27日開幕 横浜発の新たな芸術表現 障害者と芸術家のコラボ

文化

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
栗栖さん(左)と島田京子実行委員長
栗栖さん(左)と島田京子実行委員長

 障害者とアーティストのコラボレーションによって新しい芸術表現を目指す国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」が27日に開幕する。市民参加型ワークショップを皮切りに作品展示やアートパフォーマンス、巨大作品づくりなどが展開される。12月下旬まで。

 「今回のテーマは『とけあうところ』。どんどん内向きになっていく今の社会を何とかしていきたい。価値観が違ってもお互いに尊重し理解することで世界は1つになれるのではないか」。そう語るのは総合ディレクターの栗栖良依さん。メイン会場となる象の鼻テラス(中区)で17日、記者会見を行った。

 2014年に続いて2回目の開催。前回は開催期間中、来場者と参加者を合わせて延べ10万人を上ったという。

 今回は3部制とし、5月27日から9月30日までの1部のテーマは「創作」。出演者のオーディションやワークショップなどを通じて市民参加型の創作に取り組む。障害の有無にかかわらず、国内外から制作人数1万人を目標に糸を編み込む巨大な作品をつくる企画もある。

 10月7日から9日までの2部は「発表」と題し、象の鼻テラスと象の鼻パーク(中区)を会場に空間アートの巨大作品展示やアートパフォーマンスのステージを展開する。11月から12月下旬までの3部は「展示」と題し、象の鼻テラスや横浜ラポールなど市内各所で作品の巡回展示を行う。

 「アートの力で多様な人々の出会いの場、協働のきっかけを作っていきたい。今回は(最終の第3回の)2020年に向けて新しい芸術表現を世界に発信する船出になる」と栗栖さん。

 詳しいイベント内容は今後、公式ホームページで発表する予定。問い合わせは事務局(【電話】045・661・0602)へ

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

恒例の交流「リモート」で

桂台地区

恒例の交流「リモート」で 社会

画面越しに笑顔交わし

12月2日号

「NEXCOの花」を植樹

湘南桂台みどりの会

「NEXCOの花」を植樹 社会

12月2日号

無料健康チェック

12月11日

無料健康チェック 社会

港南区社協3階

12月2日号

無料循環バスで地域貢献

港南台医療モール

無料循環バスで地域貢献 社会

12月2日号

気軽な認知症カフェ誕生

栄区長沼町

気軽な認知症カフェ誕生 社会

12月2日号

納税普及の功績たたえる

納税普及の功績たたえる 社会

横浜南税務署で表彰

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook