港南区・栄区版 掲載号:2017年6月8日号 エリアトップへ

港南区役所 野菜パンで健康推進 障害者施設と商品開発

社会

掲載号:2017年6月8日号

  • LINE
  • hatena
(左から)開発に携わった区福祉保健課の川井秀和課長、鈴木さん、門林さん
(左から)開発に携わった区福祉保健課の川井秀和課長、鈴木さん、門林さん

 港南区役所が健康づくり事業の一環として、区内にある障害者施設のパン工房2カ所と「野菜たっぷりパン」を共同開発した。食育月間の6月中に区内各所を中心に販売し、区民の健康づくりへの意識向上を目指す。

 港南区役所が独自に取り組む健康づくりの標語「健康アクションこうなん5」に「野菜をたくさん摂取すること」とあることから、区福祉保健課では今年1月頃から野菜をテーマにした企画を検討していた。

 同課の管理栄養士である門林美和さんが、区庁舎で障害者施設が製造したパンを定期的に販売していることに着目。「美味しいし、障害者の方たちと触れ合う機会にもなる」と考え、障害者施設と共同による商品開発を企画した。区内にある施設に参加を呼びかけたところ、社会福祉法人そよかぜの丘が運営する「港南中央地域活動ホームそよかぜの家」(港南)と「そよかぜ南の家」(日野南)の2施設から手が上がった。

 商品開発にあたっては、厚生労働省が野菜の1日の摂取目標量を350gとしており、1皿分の野菜70gを1日5皿分取る方法を推奨していることから、区は施設に対し、1商品につき野菜を35g〜70g使用することを依頼した。

 市の調査によると横浜市民の1日の野菜摂取量は約270gで、門林さんは「350gはなかなか摂りづらい量」と指摘する。

 そよかぜの家・パン工房で製造に携わる鈴木寿美世さんは「難しかったが、スタッフと相談して水の代わりに野菜ジュースをパン生地に練り込むことを考案した。不足分はトッピングの野菜で補うことができるようになった」と振り返る。

 開発されたのは全6種類。市場に多く出回り、価格も抑えやすい旬の野菜を使用することで、食育月間終了後もアレンジして販売できるようにする予定だ。鈴木さんは「施設の利用者の中には野菜が苦手な人も多いが、製造することで食への意識向上にもつながってきている様子」と話す。

 門林さんは「食育月間に限らず野菜たっぷりパンが定着し、区民の健康づくりに役立ってもらえたら」としている。

 対象商品は110円〜200円で、野菜量をグラムで示したシールが貼られているのが目印。販売場所は、そよかぜの家とそよかぜ南の家(8日、15日、26日、土日を除く)、港南区総合庁舎1階区民ホール(8日、15日、16日、26日、土日を除く午前11時から午後2時)、横浜市庁舎1階市民広場(16日の正午から午後1時)で、各日1種類あたり20個を限定販売している。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月27日号

夢の「キッズダンス」舞台に

笹下中鈴木さん

夢の「キッズダンス」舞台に 文化

国内最高峰大会に初出場

1月27日号

市内集団接種は13カ所

ワクチン3回目

市内集団接種は13カ所 社会

港南・栄は「方面別会場」なし

1月20日号

宇津木・丸尾ペア全国へ

小学生ソフトテニス

宇津木・丸尾ペア全国へ スポーツ

コンビ2年で県制覇

1月20日号

開発50周年で「白書」完成

港南台住民有志

開発50周年で「白書」完成 文化

「次代の参考にもなれば」

1月13日号

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ

老人福祉センター

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ 社会

感染対策して「3年ぶり」

1月13日号

2月5日(土)税の無料相談会

13時30分~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook