港南区・栄区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

飯島町に子ども食堂 大家族の賑わいで地域交流

社会

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
大家族の食卓のようににぎわった
大家族の食卓のようににぎわった

地元の介護職女性が企画

 地元にも子ども食堂を――。栄区飯島町のデイサービス施設で21日、子ども食堂が開かれた。企画したのはこの施設の職員、鯉沼聡美さん。用意された50食分の食事はすぐになくなるほどの盛況。新たな地域交流の場として定着をめざすという。 

 「思った以上に多くの人が来てくれた。狭いからこそ、ぎゅうぎゅうになって参加者同士が会話を楽しめる」と鯉沼さん。

 会場となったのは「NPO法人ふぁみりーさぽーと泉」の施設。鯉沼さんが同NPOのメンバーや飯島町内会、地域住民らの協力を得て子ども食堂開催にこぎつけた。

 初めて開催したこの日の献立はカレーライスとデザート。子ども無料、大人300円で提供し、費用は地元の寄付とこの日に徴収した料金で賄ったという。

 子ども食堂の取り組みは全国的に広がり、港南区や栄区内でも行われている。目的は子どもたちの孤食や貧困対策、地域交流などさまざまだ。

 鯉沼さんが開いた「こども食堂にこにこ」のコンセプトは「大家族」で、地域交流を通じて「地域力」を高めるのが目的。子ども連れの家族からシニア世代の夫婦までさまざまな世代が訪れた。食事前には参加者同士が遊びを楽しみ、ワイワイガヤガヤと大きな食卓を囲った。

 犬山町から家族で訪れた梅村太喜くん(9歳)は「みんなでご飯を食べるのは楽しい。また来たい」と笑顔。

 同NPOの理事、池田博さんは「素晴らしい取り組みだと思う。多くの協力者を得ることができてよかった」と話す。

 今後は月に1回のペースで開催する計画で、ほかの地域にも拡大したいという。

 鯉沼さんは「今後は子ども食堂のNPOを設立して、企業からの協賛を得ていきたい」と話している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

中高生の文化作品ずらり

11日から

中高生の文化作品ずらり 文化

市民団体が発表の場企画

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

冬の節電「楽しんで」

栄区役所

冬の節電「楽しんで」 社会

前年同月以下でプレゼント

11月28日号

マーチング2年ぶり全国へ

下野庭小

マーチング2年ぶり全国へ 文化

小編成で「金賞」目指す

11月28日号

港南・栄で移動販売開始

ダイエー

港南・栄で移動販売開始 社会

高齢化団地など重点的に

11月21日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進めざし独自開発

11月21日号

街歩きイベント初開催

横浜港南台商店街

街歩きイベント初開催 社会

あさって16日 抽選で賞品も

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク