港南区・栄区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

栄スポーツセンター所長として地域のスポーツや文化の振興に取り組む 田邊 俊介さん 茅ヶ崎市在住 44歳

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena

諦めない心 育ってほしい

 ○…イベントが目白押しの秋はとかく忙しい。今月9日に開かれた「栄のスポレク2017」では準備から当日の運営に奔走し、11月1日から始まるウォークラリー開催に向け実行委員会委員長として入念な準備に精を出す。副所長としての3年間の経験を経て、今年4月に栄スポーツセンター所長に就任した。併設する栄公会堂の副館長も兼務し、栄区のスポーツと文化の拠点施設「たっちーらんど」の屋台骨を支える。

 ○…「何よりも安全が第一」ときっぱり。スポーツセンターの利用者は年々増加し、昨年は年間32万人。公会堂も合わせれば、50万人を突破した。スタッフは嘱託職員やアルバイトも含めると45人で、各種教室の指導からイベントの企画・運営、施設のメンテナンスまで仕事は多岐にわたる。「人材に恵まれ、周りの人たちに支えられている」と謙遜し、「風通しを良くしてみんなのモチベーションを上げるのが自分の役割。みんなで課題を共有して情報発信することが大切」。

 ○…茅ヶ崎市出身で今も家族で暮らす。日頃の楽しみは、小学校5年生から続けてきた陸上競技と、6歳の娘の成長。「40歳を過ぎても100mを11秒台で走りたい。走り幅跳びで6m以上飛びたい。そういう目標ができるのが陸上の楽しみ」と熱い。一方、子どもの話になると目を細める。「水泳をやっていて、こないだ50mを泳げるようになったんだ。子どもの成長こそが自分のエネルギー」

 ○…「現場は自分を成長させてくれる。現場が性に合っている」。人とかかわる仕事が好きで、人生の目標は「生涯現役で現場にいること」。今は指導員として子どもを対象とした教室を担当している。「教えるのに自分ができないとまずい」とトレーニングはもちろん、身体の動かし方の研究にも余念がない。「本当に子どもたちに伝えたいのはなんでも諦めないことの大切さ。スポーツを通じてその心が育ってほしい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク