港南区・栄区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

日下地区 バッジ目印にあいさつ広がる 住民グループが発案

社会

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
ヒッシーのバッジ
ヒッシーのバッジ

 ご当地キャラクターのバッジを目印に住民同士がご挨拶――。こんな取り組みが港南区の日下地区で浸透しつつある。今年5月から始めて半年。バッジのほかにもキャラクターのストラップも作成し、あいさつ運動を広げようという。

 「今の社会は、知らない人には気をつけるようにという風潮から子どもたちがあいさつをしなくなった。みんなが安心してあいさつし合えるような環境があったらいい」。そう話すのは日下連合町内会と日下地区社会福祉協議会のメンバーらで構成するあいさつ運動推進チーム(難波明子代表)。

 日下地区では住民同士がまちの魅力や課題解決について話し合う意見交換会「未来カフェ」を開催している。コミュニケーションづくりとして「あいさつ運動」の取り組みを求める意見があがっていたという。

 そこで同チームでは地域住民であることを示す目印を使ってあいさつし合うことを発案。2月に開かれた未来カフェで日下地区のシンボルとなるキャラクターのデザインを募ったところ、笹下川のホタルや東樹院に伝説が残るタヌキ、笹下の笹などをあわせた「ヒッシー」が選ばれた。

イベントでアピールも

29日、日下地域ケアプラザ

 同チームではこれまで、港南区役所の助成金を活用してキャラクターのバッジを約500個作成。日下小学校の職員や学援隊、地域の町内会自治会の役員、民生委員、日下地域ケアプラザの職員らに配布した。また「あいさついっぱいのうた」を作り、 「ヒッシー」の紹介と合わせて「あいさつのしおり」に掲載し、配布も始めた。

 「このバッジをつけていると、子どもたちがよくあいさつしてくれるようになった。そしてあいさつの言葉も増えた」とメンバー。ただ、「大人同士だとなかなかすんなりとできないこともある。これからの課題は大人同士のあいさつ」という。

 同チームではこのあいさつ運動の拡大を図ろうと、新たにバッジ1000個を作成。10月29日に開かれるイベント「日下たんぽぽまつり」でバッジのほか、ヒッシーのキャラクターストラップ(材料費として1つ50円)や幼児向けのぬり絵も配布する。また世界のあいさつの言葉や日本の方言などを紹介するブースを設けて、あいさつ運動をアピールするという。

 日下たんぽぽまつりは日下地域ケアプラザ(港南区笹下3の11の1)で開催。午前11時から午後2時まで。模擬店の出店やバザーなどがある。
 

あいさつ運動推進チームのメンバー
あいさつ運動推進チームのメンバー

港南区・栄区版のトップニュース最新6

フェイスサーモを導入

栄区3地区センター

フェイスサーモを導入 社会

入館者の検温スムーズに

9月17日号

所有者の責務を義務化

空き家対策

所有者の責務を義務化 社会

市が条例案骨子を発表

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

高低差解消に「モノレール」

貞昌院

高低差解消に「モノレール」 社会

誰でも気軽にお墓参り

9月10日号

市内観光、復興遠く

市内観光、復興遠く 社会

ホテル稼働4割の低水準

9月3日号

「生ごみ処理器」購入を補助

栄区

「生ごみ処理器」購入を補助 社会

横浜本郷RCが販売協力

9月3日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク