港南区・栄区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

こだまの会 「子どもの叫び気づいて」 教育学者・廣木さん招き講演

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
穏やかな口調で語る廣木さん
穏やかな口調で語る廣木さん

 不登校の子の親たちが話し合いを行う、港南区の「こだまの会」(馬場千鶴代表=今号「人物風土記」で紹介=)が主催する講演会「『子どものため』とは何か〜信じて・まかせて・待つことの意味を考える〜」が11月23日、港南区のウィリング横浜で開催された。

 同団体は1998年から活動。講演会は親たちの学びの場として毎年開催しており、4年前からは神戸大学名誉教授で、不登校に関する実践研究に携わる廣木克行さんを招き行っている。

 この日は幅広い世代の60人以上が参加し、会場は満席に。廣木さんは近年増加している”異常気象”を例に「大人より自然に近い存在の子どもの周辺でも、同じ現象が起きている。私たちが経験しなかったような、子どもたちにとって生きにくい環境になっている」と警鐘を鳴らした。

 乳幼児期から自傷行為が増加しているといい、廣木さんは事例もまじえて講演。「日本では親が『子どものため』と思い、早期教育を促し成長を急がせすぎている。”つ”がつく年齢の9歳までは、子どもは遊んで育つ時期」と強調した。

 そして「子どもは、ちゃんと触ってくれること、見てくれること、笑顔で話しかけてくれることの3つを、本能の叫びで求めている。その要求が満たされ、自立に歩み始める」と話した。

 参加者はメモを取りながら、真剣に耳を傾けていた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

頼れる地域のつなぎ役

港南区×ひと

頼れる地域のつなぎ役 社会

港南区民生委員児童委員協議会

10月21日号

秋の火災予防運動

秋の火災予防運動 社会

防火ポスター展開催

10月21日号

区内171団体が活動

公園愛護のつどい

区内171団体が活動 社会

10月21日号

科学実験ショー参加者募集

子どもゆめワールド 港南区

科学実験ショー参加者募集 教育

10月21日号

区民芸術祭が開幕

栄区

区民芸術祭が開幕 文化

11月18日まで

10月21日号

『自彊術(じきょうじゅつ)』で免疫力アップ

コロナに負けない体づくり 参加者募集

『自彊術(じきょうじゅつ)』で免疫力アップ 文化

日本最初の健康体操

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook