港南区・栄区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

市会議員 たのい 一雄 市政報告 横浜の飛躍へ 今年はチャンス ビッグプロジェクト控え始動

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の更なる発展、飛躍に向けて今年は大変重要な年となります。2020年東京オリンピック・パラリンピックでは横浜スタジアムで野球とソフトボールが開催され、19年のラグビーワールドカップでは横浜国際総合競技場で決勝戦が開催されます。また横浜市は26年春に旧上瀬谷通信施設の国有地で国際園芸博覧会を開催できるよう誘致をめざしています。多くの人が訪れ、世界から大きな注目を集めることになります。

 今年は準備の各関連事業、取組が本格化します。港南区では上大岡西の「ウィリング横浜」の6〜8階を活用して障害者のスポーツ文化拠点の整備を計画しています。19年度半ばの開設に向けて今年4月以降の着工をめざしています。

ハーバーリゾート実現へ

 2010年に私が発起人となり「ヨコハマ活性化推進会議」を発足しました。山下ふ頭の再開発を含め、横浜の経済発展について官民が一体となって活発な議論を進めてきました。

 私は「イベントロードの整備」と電気自動車の市街地レース「フォーミュラEの誘致」を提言してきました。イベントロードではトライアスロンやマラソン、パレード、花火など、集客力のあるイベントも開催できるでしょう。横浜に本社を置く日産は18年後半に開幕のフォーミュラEに参戦することを表明しました。横浜から世界に向けて新たな自動車文化を発信するチャンスが巡ってきました。

 横浜市は山下ふ頭の再開発について20年度の一部供用をめざしてきましたが、このほど約47ヘクタール全面を一体とした開発を25年頃に完成させる方針へと転換しました。重要なことは横浜の地域経済の活性化に寄与し、誇りの持てる名所を生み出すことです。世界にも類を見ないような「ハーバーリゾートの形成」の実現をめざし、緊張感とスピード感を持って議会でしっかりと議論していきます。

人生100年市民総活躍

 政府は一億総活躍社会の実現をめざし、人づくりに取り組んでいます。人生100年時代を見据えた経済社会のあり方が重要です。

 地方自治体でも子どもから高齢者まで全ての市民が活躍できる場があり、安心して暮らしていける社会づくりが大切です。待機児童の解消、介護人材の確保など福祉の充実はもちろん、がん撲滅横浜市会議員連盟会長としてもがん対策に取り組んでいきます。

 私自身、国や県との調整役として、国政や県政とも連携しながら今年も施策づくりに取り組んでいきます。

田野井 一雄

上大岡西1-10-5 SKビル402

TEL:045-841-3221
FAX:045-843-5024

http://seijinomura.townnews.co.jp/profile.html?aid=307

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

今、求められている施策を着実に

3期目議員による市政報告 114

今、求められている施策を着実に

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

2月25日号

コロナ対策柱に大規模予算

自民党 市会議員 せのま康浩

コロナ対策柱に大規模予算

初の2兆円超、幅広い分野に

2月25日号

厳しい財政下、都市経営の視点で港南区の事業・取組を着実に

市会議員 たのい 一雄 市政報告

厳しい財政下、都市経営の視点で港南区の事業・取組を着実に

2月11日号

コロナ禍の生活困窮考え、語りましょう

市政報告

コロナ禍の生活困窮考え、語りましょう

横浜市会議員 長谷川えつこ

2月4日号

「市民生活の安心・安全へ」着実に

3期目議員による市政報告 113

「市民生活の安心・安全へ」着実に

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

1月28日号

「残念でならない」IR住民投票条例が否決

市政報告

「残念でならない」IR住民投票条例が否決

日本共産党横浜市会議員 みわ 智恵美

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク