港南区・栄区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

森の魅力PRへ意見交換 栄区の各団体が交流会

文化

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
小菅ヶ谷北公園の森づくりを話し合う参加者
小菅ヶ谷北公園の森づくりを話し合う参加者

 栄区内の市民の森愛護会のメンバーや森づくりボランティアが集って意見を交わす交流会が2日、栄区役所で開かれた。各団体が区内各地の森の魅力をPRしたほか、森の現状や活動の課題などの意見を出し合った。

 参加者は飯島・上郷・瀬上・荒井沢・鍛冶ヶ谷の5つの市民の森愛護会のメンバーと、上郷森の会、瀬上さとやまもりの会、本郷ふじやま公園運営委員会、横浜自然観察の森友の会といった森づくりボランティア。

 意見交換では「イベント紹介やボランティア募集を市や区の広報に載せてほしい」「活動に積極的でも情報発信まで意識がまわらない」「希少な生物がいると広報は難しい」など情報発信に対する様々な意見が挙がった。また森の中でのトレイルランや自転車に関するマナーやルールの必要性を指摘する声もあった。

 会場を小菅ヶ谷北公園に移し、横浜市内の公園管理に携わっている「かのこ環境プロデュース株式会社」の神保賢一路社長が園内の自然を紹介しながら、森づくりを指南。「栄区の里山は利用の多様性があって管理の多様性、環境の多様性、生物の多様性につながる。栄区はこのサイクルができている」などと話した。

 参加者の一人、横浜自然観察の森友の会の中里幹久事務局長は「自分たちのエリアの活動になりがち。交流会はお互いの森や活動を見て聞くきっかけになり、これからも理解が深まるといい」と話した。

 各団体が交流する場は少なく、こうした交流会は近年では行われていなかったという。交流会を企画した栄区役所は、各団体から挙がった意見について、栄区の森の魅力をPRする施策や事業に反映させたいとしている。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

地域交流カフェ閉店へ

さんぽみち

地域交流カフェ閉店へ 社会

2月25日号

50周年記念誌を配布

港南区スポーツ協会

50周年記念誌を配布 スポーツ

コロナの影響で1年越し

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

栄区内で自動運転バス実験

【Web限定記事】

栄区内で自動運転バス実験 社会

神奈中が3月まで実証走行

2月18日号

被害件数が大幅に減少

特殊詐欺

被害件数が大幅に減少 社会

港南区内は被害額増加

2月11日号

学生服を無料サービス

港南区のクリーニング店

学生服を無料サービス 社会

コロナ禍の子どもを応援

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク