港南区・栄区版 掲載号:2018年4月12日号 エリアトップへ

NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会の理事でコンサートの開催に取り組む 前園久美子さん 磯子区在住 62歳

掲載号:2018年4月12日号

  • LINE
  • hatena

夢に向かって一心に

 ○…「定位置で定期的に開くことが大切。地元の人たちの応援がありがたい」。3月21日に港南区のひまわりの郷ホールで開いたピアノコンサートは5回目。自閉症や知的障害、聴覚障害などの演奏者15人、2組が出演し、日頃の成果を披露した。同様のコンサートを戸塚区や磯子区でも開いている。「出演者も指導者も夢に向かって一心になってめざしている場。多くに人に知ってほしい」

 ○…自宅でピアノ教室を開き、指導歴は40年以上。障害者と向き合うきっかけは、10年ほど前の「心が疲れている女児」との出会い。「どうしても心を開いてくれない」と悩み、NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会を頼った。メンバーと手さぐりで取り組んだ結果、「一部に障害があるだけで、ほかは何も変わらない。その障害で何がわかりにくいのか、どうやって音楽を楽しめるのか」とコミュニケーションに重点を置いた。

 ○…福島県白河市出身。音楽好きの母親の影響で6歳からオルガン教室に通いはじめた。高校生の時はピアノのレッスンで週に1度は東京へ通い、武蔵野音楽大学ピアノ専攻に進学。「ピアノの魅力は曲が多いこと。ショパンもモーツァルトもあり、色々な作曲家がいるから」と微笑む。最近は羽生結弦選手の影響もあり、ショパンのバラードがお気に入り。

 ○…しとやかな口調に柔和な微笑み。ただ、自分では「大雑把な性格」と分析する。「なるようになれ、と思い向き合っている。後ろは見ない」。活動をピアノだけでなく、様々な楽器にも広げようと、同研究会が中心となり、新たに「全日本障害者音楽連盟」を立ち上げた。「東京オリンピック・パラリンピックの20年にみなといらいのホールでコンサートを開きたい」と前を向くだけだ。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook