港南区・栄区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(93) 「離婚届不受理申出とは」

 Q、夫と大喧嘩をした際、署名押印済みの離婚届を夫に渡してしまいました。冷静になって考えると、離婚は私の本意ではありません。離婚届を夫から取り戻したいのですが、その前に夫に離婚届を提出されてしまわないか心配です。どうしたらよいでしょう?

 A、自己の意思に基づかない離婚届の受理を防ぐための制度として、「離婚届不受理申出制度」があります。これは、【1】離婚届作成後に離婚意思を撤回したが相手方配偶者が離婚届を返してくれない場合や、【2】相手方配偶者が離婚届を偽造して提出する可能性がある場合のための制度で、予め役所に離婚届不受理申出書というものを提出しておくことで、その後に提出された離婚届が受理されなくなるというものです。

 意思に反した離婚届が受理されるのを防げるため、本ケースでも、ご主人が離婚届を提出してしまう前に、早急に離婚届不受理申出書を役所に提出しておくことをお勧めします。同申出書を提出しておけば、相談者さんが申出を取り下げるまでは、離婚届が受理されることはありません。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

古家・空家を負の遺産としないために

「いろいろな選択肢があります」 税理士などによる

古家・空家を負の遺産としないために

5月17日号

シミ、シワ、たるみが「スッキリ」

知りたい!適正価格今や相見積もりは必須

マタイ受難曲を一緒に歌いませんか

市有地を販売

横浜市

市有地を販売

5月17日号

無料個別相談会のお知らせ

弁護士・税理士・司法書士等

無料個別相談会のお知らせ

5月17日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク