港南区・栄区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • はてぶ

「新たな半年を清々しく」 永谷天満宮で”夏越の大祓”

文化

 港南区上永谷の永谷天満宮(川辺浩司宮司)で先月30日、恒例行事の「夏越の大祓」(なごしのおおはらえ)が行われ、地元住民ら200人以上が参加した。

 年に2回行われる「大祓」の1つで、半年間の日常生活の中で身についてしまった「けがれ」をはらい清めるというもの。大祓式では祝詞奏上などの儀式が行われ、参加者は人形(ひとがた)と呼ばれる紙を使って身体のけがれをはらった後、一列になって「茅の輪」を1人3回ずつくぐった=写真。

 川辺宮司は「茅の輪は氏子会の方たちが手作りしてくれたもの。1年のうち残りの新たな半年も、清々しく過ごしてもらえたら」と話した。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク