港南区・栄区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

栄区劇団ぽかぽか 高畠町で今夏公演へ 友好交流宣言きっかけに

文化

舞台装置や衣装も本格的な同劇団(14日栄公会堂)
舞台装置や衣装も本格的な同劇団(14日栄公会堂)
 栄区で活動する劇団の公演を山形県で――。栄区と友好交流関係にある山形県高畠町の高畠町文化ホールまほらで8月5日、劇団「ぽかぽか」が初公演を行う。上演作品は同町出身の童話作家・浜田広介さんの「泣いた赤鬼」がモチーフとなっている。

 栄区は昨年11月、職員の人事交流や栄区民まつりへの名産品ブース出展をきっかけに山形県高畠町と友好交流宣言を発表した。それを受け、栄区役所が同劇団に打診し、今回の友好交流記念作品「ポロニとムキ物語」がつくられた。

 同作品は「泣いた赤鬼」をモチーフに、自然との共存や友情をテーマとしたものに仕上げた。台本を手がけた同劇団の木暮寿子代表は作品づくりにあたって同町を訪れ、「町全体が浜田広介さんを誇りに思っているのを感じた。地元の人から聞いた話や自然の中に感じたことも作品に大きく影響している」と制作過程を振り返る。また今回の高畠町公演の実現にあたり、「栄区、高畠町、ぽかぽかの3者が同じ方を向いている。それが大きなエネルギーになっていると感じる」と手応えを語る。

 14日と15日には栄公会堂で同作品が上演され、2日間計4公演で延べ約1600人が演技や歌を楽しんだ。これまで小さな子ども連れでも楽しめる舞台にこだわってきた同劇団の公演とあって、会場には幼児を連れた親子も多く見られた。

 観劇した高畠町の担当者は「これだけの人のエネルギーを感じる機会はなかなかない。町の皆に見せられるのが楽しみ。横浜の人にも高畠に足を運ぶきっかけにしてもらえたら」と話した。

 高畠町文化ホールまほらでの公演は午後1時開演。公演の問い合わせは木暮さん(【携帯電話】090・6167・0646)へ。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

後利用に民間アイデア

本郷地区センター

後利用に民間アイデア

2月14日号

心肺停止の人命救助でお手柄

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

4年連続で全国の舞台へ

日野タグラグビー

4年連続で全国の舞台へ

1月31日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク