港南区・栄区版 掲載号:2018年9月13日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

安部幼稚園 先輩ママ座談会 「生き生きとした育ちに必要なもの」

 来春の幼稚園や保育園の入園に向けた手続きが始まる秋。昨今は情報が多いことで悩む人も多いのでは。安部幼稚園に園児を通わせている先輩ママに話を聞いた(敬称略)。

◇  ◇

――皆さん幼稚園選びはどのように進めましたか

萩原「私は『運動会』が決め手でした。私自身も保育士として働いていたのですが、園の雰囲気が表れる場面の1つだと思います。安部の運動会は子どもたちをはじめ親も先生も『本気』で取り組んでいて『やらされている感』がなく、素敵な雰囲気だなぁと感じました」

早竹「初めての子育てで不安も多く、10カ所以上の園を見学しました。中でも子どもたちの作品を展示した『生活展』で、安部の子どもたちの作品はどれも生き生きと感じられたのが印象的でした。作品紹介をしている先生もとても楽しそうで、こだわりの強い長男もここなら気持ちよく過ごせるんじゃないかなと。園バスがないのはネックだったのですがやはり諦めきれず、それまではペーパードライバーでしたが運転を練習して通うことに決めました」

――入園して気づいたことはありますか?

早竹「日常の中のひとつひとつの学びが素晴らしいんです。遠足も例えば、子どもたちに『来月行きますよ』と単に伝えるのではなく、『イルカさんから招待状が届きました!』といった導入があって、手紙をもらった子どもたちはワクワクしながら当日を迎えられます。そういう細やかな楽しい工夫が多いなと感じます」

萩原「親はわが子の成長に焦りがちですが、年齢に応じた保育を大事にしているなぁと思います。子どもたちがのびのびと過ごしている土台に実は練られたカリキュラムがあって、しかも子どもたちの様子を見ながら臨機応変に対応してくれるので先生たちはすごいなと」

――ママ同士の関係はどんな様子ですか?

小池「長女が年少の時に次女が生まれ、その頃は余裕がなくて大変でもありました。そこへ先輩ママたちがさりげなく声をかけてくれたり、手を貸してくれたのですが、ふわっと仲良くなってくれる雰囲気が代々引き継がれているのが安部の文化です。赤ちゃんを優しく抱っこしてくれたりする姿も、なんだかとても嬉しかったです」

学校法人 安部幼稚園

横浜市港南区芹が谷4-13-26

TEL:045-822-0383

http://abeyouchien.la.coocan.jp/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

「ひと時でも悲しみが癒えたなら」

京急メモリアル上永谷斎場

「ひと時でも悲しみが癒えたなら」

11月15日号

野庭町に来春4月オープン予定

グループホーム「ちいさな手若葉の丘横浜こうなん」 27室募集

野庭町に来春4月オープン予定

11月15日号

相続税・消費税・住宅の無料相談会

住まいづくりの疑問に専門家が答える

相続税・消費税・住宅の無料相談会

11月15日号

元気の出る法律相談(99)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(99)

11月15日号

独自特許「暖パネ」販売へ

住宅リフォーム

独自特許「暖パネ」販売へ

11月15日号

無料個別相談会のお知らせ

弁護士・税理士・司法書士等

無料個別相談会のお知らせ

11月15日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク