港南区・栄区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • hatena

港南区制50周年 記念事業、着々と準備 来年11月に式典とイベント

社会

事務局の説明に耳を傾ける実行委員ら
事務局の説明に耳を傾ける実行委員ら

 区民、行政、企業、市民活動団体が地域を挙げてお祝いを――。2019年の港南区制50周年を控え、記念事業実行委員会の第3回総会が10月22日、港南区役所で開かれた。来年11月、12月の記念イベント開催、記念誌や切手の作成といった事業の全体像が示された。

 港南区制50周年記念事業実行委員会を構成するのは、連合自治会や港南区の関連団体、区民利用施設、民間企業の代表者ら99人。昨年11月に開かれた第1回総会を皮切りに総務・広報部会、企画部会、イベント部会が記念事業の企画を練っている。

ひまわりフェスタ復活

 今回の総会ではキックオフイベント、記念式典、記念イベント、関連事業の概要とスケジュールが示された。事業予算は1550万円。

 来年1月5日に港南スポーツセンターで開かれる賀詞交換会をキックオフイベントとして位置づけ、子どもたちの和太鼓演奏やアトラクション、パネル展示などを盛り込む予定。

 事業のメインとなる記念式典と記念イベントは来年11月2日に開催する。式典は区役所1階区民ホールで開催し、50周年記念地域活動表彰や子どもたちによるパフォーマンスなどを行う。また区役所のほか、ふれあい公園や港南スポーツセンターなどを会場にイベントが集結する区民まつり「ひまわりフェスタ」を記念行事として特別に復活させる。

 記念イベント第2弾の「ひまわりミュージックフェスタ」を来年12月初旬に横浜女子短期大学ホールで開催する計画。小学生の合唱とひまわり交響楽団がコラボする。

50年振り返る記念誌

 記念に残すものとして、区内の歴史を振り返る記念誌を作成するほか、50周年を祝う区民の様子を集めた写真アルバムも作成する。

 また区内の風景写真や「ひまわり絵画コンクール」の入選作品を使ったオリジナルフレーム切手を作成する計画。

 同事業実行委員会は、来月と来年3月、5月に役員会を開き、来年6月の総会を経て事業計画を具体化するとしている。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

小中学校に作品を寄贈

栄区美術家協会

小中学校に作品を寄贈

1月17日号

独自のBD(ビッグデータ)活用を推進

医療機関マップ無料配布

港南区

医療機関マップ無料配布

1月10日号

シニアと女性の活躍応援

「ふだんのくらしを幸せに」

港南区長インタビュー

「ふだんのくらしを幸せに」

1月1日号

「希望に満ちた横浜に」

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク