港南区・栄区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

市会議員 たのい 一雄 市政報告 多文化共生時代の施策づくりへ豪州2大都市を視察

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
シドニーのシンボル、オペラハウスを背景に
シドニーのシンボル、オペラハウスを背景に

 政府が外国人労働者の受け入れ拡大を打ち出す中、横浜市でも多文化共生に対応する施策づくりが必要です。市会国際・経済・港湾委員会委員として10月28日から11月1日まで多文化主義政策をとるオーストラリアのメルボルンとシドニーを視察しました。

 オーストラリアは毎年19万人近い移民を受け入れ、18年8月末で人口2500万人に上ります。国外で出生した人は人口の約28・5%を占める状況です。

 人口増加を背景に経済発展し、91年から108四半期連続で景気後退することなく、成長し続けて世界最長記録を更新中です。天然資源や観光資源が牽引してきましたが、近年は起業や産学連携、国際連携を強化する経済のイノベーションへと舵を切ったことが注目されます。

 オーストラリアの多文化主義政策は移民の定住支援のほか、文化の多様性を包摂する社会づくりに鍵があることもわかりました。国民がそれぞれの言語や宗教を認め合い、大切にしながら生活しています。また連邦政府、州、地方自治体の各行政が役割を分担しながら生活サービス提供していることも大きな特徴です。

 メルボルンもシドニーも観光だけでなく、「住みたい都市」として知られています。水辺を生かした空間が大きな魅力で広場や歩行者道などの広い公共空間があります。そこでは賑わいや憩いが生まれ、都市生活のクオリティを高めています。

横浜経済の発展へ

 2020年の東京五輪をはじめ、これからの数年間は横浜市内で国際的なイベントが目白押しです。国際都市として横浜は今、大きなチャンスを迎えています。これを契機に私はかねてから山下ふ頭の再開発の一環として様々な国際的な催しやスポーツ大会が開催できる「イベントロード」の整備を提言してきました。

 横浜には今、多くの外国人が訪れていますが、通過するだけでは経済効果につながりません。今回の視察を生かし、横浜のさらなる経済発展に向けた施策づくりに取り組んでいきます。

田野井 一雄

上大岡西1-10-5 SKビル402

TEL:045-841-3221
FAX:045-843-5024

http://seijinomura.townnews.co.jp/profile.html?aid=307

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

世界へ羽ばたく人材育成

世界へ羽ばたく人材育成

横浜市会議員 たのい一雄

5月5日号

子どもの権利擁護について

子どもの権利擁護について

横浜市会議員 長谷川えつこ

5月5日号

ヤングケアラー把握へ

ヤングケアラー把握へ

横浜市会議員 せのま康浩

5月5日号

豊かな人生の基礎づくり

豊かな人生の基礎づくり

横浜市会議員 こしいしかつ子

5月5日号

どの子にも届くように

どの子にも届くように

横浜市会議員 みわ智恵美

5月5日号

提案・要望が多数実現

3期目議員による市政報告 128

提案・要望が多数実現

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook