港南区・栄区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

栄区 保護司会の拠点開設 市内では3例目

社会

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
開所式に参加したメンバーや関係者ら(一部)
開所式に参加したメンバーや関係者ら(一部)

 栄保護司会(吉野征会長)が運営し、活動の拠点となる「栄保護司会サポートセンター」が栄区柏陽の民間マンションの一室に開設された。15日に開所式が開かれ、区内の保護司や行政職員、町内会自治会関係者らが出席した。更生保護サポートセンターの設置は横浜市内では3カ所目。

 更生保護サポートセンターは、保護司や保護司会が地域の関係機関・団体と連携しながら、地域で更生保護活動を行う拠点。法務省が2008年から全国で整備を推進している。全国では501カ所(17年度末)あり、県内には15カ所ある。

 全国では公的機関の施設の一部を借用し、開設するケースが多いが、横浜市で整備が進んでいるとはいえないのが現状だ。先行の西区と港南区の2地区では暫定的にサポートセンターが設置され、西区では会長が所有する事務所を活用している。

 「どんな組織でも“家”があることは必要。関係機関や団体と連携しながら地域の情報が集まり、交流できる場になるといい」と話すのは同会・会計の毛利勝男さん。

 現在、栄保護司会には40代から70代まで17人の保護司がいる。対象者との面接は自宅で行うケースが多いが、夜間になることも多いため、住宅や家庭の事情によって活動が難しい面もあるという。

 栄地区更生保護サポートセンターでは平日、企画調整保護司が常駐し、対象者との面接や新任保護司への対応、保護司同士の情報交換などを行う。法務省から正式に助成を受ける来春までは、運営に関わる費用を負担しながら月・水・木・金曜日に開設するという。

 吉野会長は「これまでは再犯防止や立ち直りが主な役割だったが、薬物犯罪への対応や特殊詐欺に関わる少年への対応など時代とともに変化している。行政や関係機関とも連携して、モデルとなるように取り組んでいきたい」と話している。

 栄保護司会サポートセンターの住所は栄区柏陽20の5寿マンション102号室。電話番号は045・884・7963。

この表札が活動拠点の目印
この表札が活動拠点の目印

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

活動10年でNPOに

芹が谷市民団体

活動10年でNPOに 社会

新たに配達弁当事業も

5月12日号

高齢福祉のサイト開設

横浜市

高齢福祉のサイト開設 社会

情報の「窓口」めざす

5月12日号

港南に初のクラブ発足

中学硬式野球

港南に初のクラブ発足 スポーツ

杉田接骨院が全面協力

5月5日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

33年かけ再開発工事 完了

大船駅笠間口

33年かけ再開発工事 完了 経済

まちびらきイベント開催

4月28日号

女性の活躍視野に新計画

横浜市

女性の活躍視野に新計画 社会

企業後押しも狙い

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook