港南区・栄区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

難聴の補聴器職人・大槻さん 「着用はなるべく早めに」

補聴器の説明をする大槻さん
補聴器の説明をする大槻さん
 平均寿命の延びと比例するように増え続けるのが、加齢に伴う難聴だ。その割合は65歳以上で3割、75歳以上の半数ともいわれ、多くの人が会話に苦労を感じている。

 「スムーズに会話できないことは多くの機会を失います」と話すのは、戸塚区の補聴器職人・大槻公孝さん。重度の難聴を患い、長年勤めていた会社を辞めざるをえなかった経験を持つ。「当時たまたま良い補聴器職人に出会い、自分に合う補聴器を手に入れられたが、世の中にはちゃんとした補聴器職人が本当に少ないと痛感した」と話す。

全国から来客

 大槻さんはその後自ら補聴器職人となり、日々調整技術を磨いている。その評判の高さとテレビ局による取材も相まって、北は北海道、南は沖縄から日々来客がある。「この聴こえ方を探していた」と涙を流す人も多い。

 一方で年齢を重ねると、指先の機能や認知機能が衰えてしまうため、高性能の小さな補聴器を耳に着用する作業が難しくなるケースが多く見られるという。「近年は高齢でも取り付けられるタイプも充実していますが、可能な限り早めの着用をおすすめします」と話す。

 補聴器は決して安くはない買い物だが、だからこそ店選び(=職人選び)から徹底したい。「人生100年時代。自分に合う補聴器と共に、残りの長い人生を豊かに過ごしてほしい」と訴える。

■おみみショップ 

日・月・祝以外、午前10時〜午後6時

【住所】戸塚区下倉田町244の1 1階 【電話】045・861・8984

おみみショップ

戸塚区下倉田町244-1 第八山仁ビル1F

TEL:045-861-8984

http://www.omimi.jp/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

待望のグループホーム港南区野庭に来春オープン

入居予約多数受付中

待望のグループホーム港南区野庭に来春オープン

12月13日号

自宅などの不動産を売却し現金にしかもそのまま住み続けられる

地域に愛され60年

満尾医院眼科

地域に愛され60年

12月13日号

申請締め切り迫る

ブロック塀等改善工事補助金 横浜市

申請締め切り迫る

12月13日号

家庭と両立できる仕事

準社員パート

家庭と両立できる仕事

12月13日号

車処分にお困りなら…

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク