港南区・栄区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

栄区6機関 中学校でテロ対策訓練 「自分の身の守り方、考えて」

社会

中学生が負傷者役となり、応急手当てを受ける訓練
中学生が負傷者役となり、応急手当てを受ける訓練
 栄区の本郷中学校で22日、テロを想定した大規模な対応訓練が行われた。来年のラグビーW杯や2020年の東京五輪といった国際的なイベントを控え、関係6機関の連携強化を図るのが狙い。中学校でテロ対策訓練を実施するのは珍しい試みで「自分の身はどう自分で守るのか」と生徒に投げかけた。

 同校の全生徒と職員をはじめ、栄消防署、栄消防団、栄区役所、栄警察署、横浜医療センター(戸塚区)の6機関約550人が参加。訓練は校内に刃物を振り回した不審者が侵入し、多数の負傷者が発生したことを想定して行われた。

 防弾衣をまとい防弾盾を持った警察官が犯人を取り押さえると、生徒たちは素早く体育館へ避難した。生徒が負傷者役となり、手当の緊急度によって優先順位をつけるトリアージなどの救護活動も体験。本番さながらの緊迫感を目の当たりにし、真剣に訓練に取り組んだ。

 また大規模災害などの現場に派遣される横浜救急医療チーム(YMAT)が負傷者に応急処置を施す訓練もあった。

 栄消防署の味上篤署長は生徒に向け「テロは起きないものではない。自分の身はどうやって守れるのか、日々気づきを持って生活してほしい」と呼びかけ、「災害発生時には勇気を持って助け合いができるようになってもらいたい」と訴えた。

 同校の半澤俊和校長は「日頃から3か所ある門を施錠するなど学校として不審者の侵入を防ぐことを心がけている」と話し、「それでも起こったときにどう行動すべきなのか、生徒にとって考えるいい機会になった」と話していた。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

都市マス改定素案を公表

栄区

都市マス改定素案を公表

12月13日号

上大岡の古文書史料集を刊行

神奈川大田上名誉教授ら

上大岡の古文書史料集を刊行

12月6日号

中国旅行社と誘客タッグ

横浜市

中国旅行社と誘客タッグ

12月6日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

保護司会の拠点開設

栄区

保護司会の拠点開設

11月22日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク