港南区・栄区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

「希望に満ちた横浜に」 林市長、新年の抱負語る

政治

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える林市長
インタビューに答える林市長

 年頭にあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。市長就任10年目を迎える林市長は「さまざまな施策が花開いている」と昨年までの成果を示すとともに、今年の市政運営への決意を語った。(聞き手/本紙・北原健祐)

確かな成長を実感

 ――はじめに2018年の振り返りをお願いします。

 「昨年は『ガーデンネックレス横浜2018』『Dance Dance Dance @ YOKOHAMA2018』『フランス映画祭2018』などを開催し、一年を通じて横浜の街は市内外からの多くのお客様で賑わい、活気に満ちあふれていました。

 また、『世界トライアスロンシリーズ横浜大会』『横浜マラソン』等のスポーツイベントを通して、市民の皆様にスポーツの素晴らしさを感じていただけたと思っています。

 国から『SDGs未来都市』に選ばれたことは、大変嬉しいことでした。環境の取り組みを軸に、経済や文化・芸術による新たな価値や賑わいを創出し、持続可能な都市の実現を目指していきます。

 昨年は、全国各地で大規模な自然災害が相次いだ年でもありました。市民の皆様の安全・安心な暮らしをお守りしなくてはと、改めて思いを強くしています。

 市民生活や経済活動を支える都市基盤整備も着実に進め、相模鉄道の星川―天王町駅間の全線高架化や、横浜環状北西線のシールドマシンの掘削を完了しました。

 横浜の確かな成長に向け、多くの市民・企業・団体の皆様とご一緒に、大きく前進することができた一年でした」

中期4か年計画、着実に

 ――2019年度の予算や重点施策、主な新規事業についてお聞かせください。

 「昨年策定した中期4か年計画を着実に進め、子育て・教育、医療・福祉、災害対策等のさまざまな分野で、安心・安全な市民生活のために全力で取り組んでいきます。

 また、今年は、国際都市、文化芸術創造都市としての存在感を一層高めることができる国際的なビッグイベントが相次いで開催されますので、その賑わいと活力を、横浜経済の発展、持続的な成長につなげる決意です。

 8月の第7回アフリカ開発会議、9月に開幕するラグビーワールドカップ、そして2020年には東京五輪・パラリンピックが控えています。危機管理対策はもちろん、交通輸送、救急医療、ボランティア運営など、安全で円滑な運営に向け、しっかり準備を進めます」

港南区・栄区版のトップニュース最新6

上大岡をハロウィンで1つに

上大岡をハロウィンで1つに 経済

10月27日に一大イベント

10月17日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月17日号

飯島小に文科大臣奨励賞

飯島小に文科大臣奨励賞 教育

地域一丸の自然教育を評価

10月10日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額な整備費

10月10日号

地域への奉仕続け50年

横浜港南RC

地域への奉仕続け50年 社会

11月に区と共催事業も

10月3日号

「ゆるスポーツ」普及へ

市体協

「ゆるスポーツ」普及へ 教育

豊田小で体験教室

10月3日号

友好都市をパネルで紹介

友好都市をパネルで紹介 社会

栄区内の公共施設を巡回

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク