港南区・栄区版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

日野タグラグビー 4年連続で全国の舞台へ 決戦は2月16日・17日

スポーツ

選抜メンバーからなるチーム「暁」
選抜メンバーからなるチーム「暁」
 港南区の日野小学校の児童たちが参加するタグラグビーチーム「暁」(あかつき)が21日、山梨県で行われた南関東大会で優勝を果たし、全国大会「サントリーカップ」への出場権を手にした。全国大会は2月16日、17日の2日間にわたり、調布市のアミノバイタルフィールドで開かれる。

 同チームの全国出場は4年連続で、7位、5位、3位と年々順位を上げてきた。選手の保護者でコーチも務める尾崎伸吾さんは「優勝を狙えるだけの力は十分ある。そこを目標にしながら、持っている力を出し切って終われるようにしたい」と思いを語る。

 タグラグビーはラグビーにおけるタックルの代わりに、腰につけた相手のタグを奪うことで前進を止めるため、接触プレーがないのが特徴。小学校などを中心に男女問わず親しまれており、チーム暁も毎年男女混合のチームで大会に臨んでいる。

 チームのキャプテンを務める6年生の荒井大元君は「個人のプレーだけじゃなく、みんなで喜びを分かち合えるところがいい。チームもみんな仲がよくて、楽しいメンバー」と話す。1年生の頃からタグラグビーに親しんできた荒井君は、昨春に初めて念願の選抜メンバーに選ばれたという。「周りを見ながらしっかり声をかけていきたい」と気を引き締める。

地域クラブへ体制新たに

 同小のタグラグビークラブは今年で活動10年目で1年生から6年生まで約40人が参加している。小学校の特設クラブとして発足し、保護者を中心とする「おやじの会」のメンバーと教員とが放課後や土日を使って指導を続けてきた。

 そんな中で昨年4月、より継続的な体制づくりの一環として、クラブをNPO法人化して「横浜日野タグラグビークラブ」と名称を新たにしたという。尾崎コーチは「今後も子どもたちがタグラグビーを楽しめる環境を整えていけたら」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

後利用に民間アイデア

本郷地区センター

後利用に民間アイデア

2月14日号

心肺停止の人命救助でお手柄

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

慢性的な相談員不足

横浜いのちの電話

慢性的な相談員不足

1月31日号

インフルエンザ猛威

横浜市

インフルエンザ猛威

1月24日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク