港南区・栄区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

つのだ宏子の介護日記【1】 意見広告 「安心できる地域での医療を」 自民党栄区第1支部 支部長 つのだ宏子

 地域のみなさまにご無沙汰しておりましたこの間、昭和10年生まれの父を送り、早6年が経ちました。昭和12年生まれの母は寝たきりになり4年が経とうとしています。

 両親は2人とも、同じ年に突然倒れました。私は家族のキーパーソンとして、両親の看病と介護の生活を送ることになりました。担ぎ込まれた急性期病院での救命措置から、医師との治療方針の面談に始まり、回復期の転院についてのソーシャルワーカーさんとの相談、介護保険制度を利用するためのケアマネジャーさんへの相談や契約、両親の最晩年になるであろう生活や生命を、ひとりで決断することの苦悩…。

 ひとつひとつには冷静に対処できても、1つの決断がのちの選択肢に大きく影響することもあり、愕然とすることもありました。ご家族として、そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

 介護生活の中では、世の中の仕組みに疑問を持つことが少なくなく、介護保険制度の使い勝手の悪さや、在宅訪問専門の医師の少なさ、専門分野に細分化されて相談がしづらい病院のシステム――後遺症のリハビリに真面目に取り組みながらも立てなくなってしまった母を抱え、途方にくれたこともあります。

 つくづく思うのは、身近な地域での医療がどれだけ安心感を与えてくれるかということです。近隣の、せめて県内に高度医療が存在してくれたらどんなに心強いか。医療情報を地域内で管理できる病院が必要だと考え、栄区を最も安心・幸福度が高いと実感できる街にしていきたいと思います。

つのだ宏子

横浜市栄区公田町514-2F

TEL:045-894-9956

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6件

4/22家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク