港南区・栄区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

つのだ宏子の介護日記【2】 意見広告 医療・介護職育成のために 自民党栄区第1支部 支部長 つのだ宏子

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 25年ほど前、私は在宅高齢者介護ボランティアグループ「さかえ福祉まごころの会」を設立しました。これから急速に高齢化が進んでいく、と言われ始めた時期で、そのことに危機感を覚えたのが活動のきっかけでした。

 当時は介護保険制度がまだない中でしたが、お年寄りのもとへヘルパーさんや家事をサポートする人のコーディネートなどに携わっていました。今よりも家の中に友人・知人以外の他人を入れること自体に強い抵抗感があったように思います。

 現在では、ご本人もご家族も、医師や看護師さん、ヘルパーさんといった人たちの訪問を切望している状況があります。

支える側の環境も

 母の介護は突然始まりましたが、そんななかで専門の技術や知識をもつケアマネジャーさんや医療従事者の方々の存在がどれだけ大きかったか。栄区の高齢化率は30・6%と市内トップで、ご自宅で暮らしている65歳以上の人は3万6973人にのぼり(もっとも要介護認定者は市内で最も低い15・9%)、一方で介護計画を策定するケアマネジャーは191人。各地域で、安定的かつ持続性のある介護・医療サービスを確保するためには、そこに携わる専門職の育成が不可欠です。

 行政が担うべき役割と民間事業者に期待される役割の見直しはもちろん、事業所運営者やそこで働く人の労働環境整備に取り組む必要があり、それはひいては私たちの地域の安心感を育むことに密接に関わります。支え合う「絆」を必要とする今の時代の喫緊の問題です。

つのだ宏子

横浜市栄区公田町514-2F

TEL:045-894-9956

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

ラグビー効果絶大、横浜の魅力発信次なるビッグプロジェクトに期待

寛容で多様性ある社会実現へ一歩

3期目議員による市政報告 96

寛容で多様性ある社会実現へ一歩

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

9月26日号

市長、IR誘致を表明大プロジェクトの実現へ

市会議員 たのい 一雄 市政報告

市長、IR誘致を表明大プロジェクトの実現へ

9月19日号

IRも中学校昼食も「市民の声を」

市政報告

IRも中学校昼食も「市民の声を」

横浜市会議員 かじお あきら

9月12日号

横浜にカジノは必要?意見交換会開催します

市政報告

横浜にカジノは必要?意見交換会開催します

横浜市会議員 長谷川えつこ

9月5日号

学力調査の結果、施策に反映へ

3期目議員による市政報告 95

学力調査の結果、施策に反映へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

8月29日号

横浜型ハーバーリゾートIR誘致へ大きな動き

市会議員 たのい 一雄 市政報告

横浜型ハーバーリゾートIR誘致へ大きな動き

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク