港南区・栄区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

南部病院再整備 旧港南工場が最有力候補地

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
最有力候補地の「旧港南工場」(港南区港南台8丁目/環状2号線沿い)
最有力候補地の「旧港南工場」(港南区港南台8丁目/環状2号線沿い)

 横浜市は5月28日、「済生会横浜市南部病院」の再整備に伴う移転先について、ごみ焼却施設があった旧港南工場の敷地が最有力候補地であることを発表した。この日の市会健康福祉・医療委員会で報告した。

 同病院は1983(昭和58)年に「地域中核病院」の第1号として港南区港南台に開院。済生会が運営し、市南部の高度急性期・急性期医療の中心的役割を担い、二次救急拠点病院や災害拠点病院として政策的医療も担っている。

 ただ、開院してから35年以上が経過し、建物の老朽化に伴って空調や配水管など設備の大規模修繕が必要だという。また狭あい化も課題となり、早期の再整備が求められている。

 候補地は「港南台地区から移転しないでほしい」という地元の要望や敷地の広さ、救急車のアクセスなどを考慮し、現在地から約1・2キロメートル南東の「旧港南工場敷地」を選定した。現敷地で再整備を行う場合、解体と増築を繰り返して工事が長期化し、診療の制限が生じるほか、敷地が狭いために使い勝手の悪い建物になるという。

 新病院は済生会が整備する。延床面積は現建物の約2・9万平方メートルから約4万平方メートルへ拡張し、総事業費は約310億円を想定。市の負担額は23億円と見込んでいる。

 市の報告では、地域の意見を聞きながら方針決定を行い、済生会との基本協定を結ぶとしている。市では基本計画の策定着手から約8年かけて開院するスケジュールを想定している。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

救急搬送に安全バンド発案

芹が谷消防出張所

救急搬送に安全バンド発案 社会

コンテストで優秀賞

3月26日号

栄区、上昇に転じる

公示地価

栄区、上昇に転じる 社会

港南区は上昇も伸び率減

3月26日号

ひぎりの50年を写真で

ひぎりの50年を写真で 社会

港南区役所にパネル展示

3月19日号

旧港南工場敷地に決定

市南部病院移転先

旧港南工場敷地に決定 社会

2027年の開院へ

3月19日号

街の魅力&危険をマップに

港南台

街の魅力&危険をマップに 社会

住民目線の情報を共有

3月12日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク