港南区・栄区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(107) 相続法改正その1〜配偶者居住権〜

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena

 Q、家の所有者である夫が死亡した場合、その配偶者(妻)は、無償かつ無条件に家に住み続けられるのでしょうか?

 A、配偶者自身が家を「相続」したり、家の相続人との間で「使用貸借契約」を締結したりすることによって配偶者が無償で家に住み続けることは従来の相続法でも可能でした。その一方、家を相続する代わりに預金や現金を相続することができず生活資金に困ったり、相続人との関係が悪化した場合に使用貸借を解除されてしまったりと、配偶者の居住権の保護には一定の限界がありました。

 そんな中で来年4月の相続法改正に伴い「配偶者居住権」という制度が新設され、配偶者の居住権がより手厚く保護されることになりました。相続開始時に配偶者が建物に居住していることを条件に、原則としてその建物を終身無償で使用できるというものです。これにより従来の欠点を解消できる可能性があります。

 原則として遺言書の作成を条件とする権利なので、この機に遺言書を作成したり、遺言書の内容を見直したりしてみてもよいかもしれません。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

社会貢献でまちを元気に

社会貢献でまちを元気に

ウスイホームの「地域第一主義」

8月22日号

元気なうちに備える「老後のリスク」

神奈川県住宅供給公社主催 シニアライフセミナー 参加無料

元気なうちに備える「老後のリスク」

8月22日号

新規開設、見学会を開催

住宅型有料老人ホーム

新規開設、見学会を開催

東戸塚駅から徒歩3分

8月22日号

相見積もりは今や常識失敗しない外壁塗装

相見積もりは今や常識失敗しない外壁塗装

鉄則まとめた冊子が好評

8月22日号

専門家に聞いてみる

相続・不動産・空き家・高齢者施設

専門家に聞いてみる 経済

まとめて解決「無料相談会」

8月22日号

元気の出る法律相談(108)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(108)

相続法改正その2〜親族による特別寄与〜

8月22日号

片付け不要で古家売却

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

8月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク