港南区・栄区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

「認知症を理解して」 専門家が講座で呼びかけ

文化

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
多くの人が詰めかけた会場
多くの人が詰めかけた会場

 川崎幸クリニック院長で認知症の人や家族と向き合う活動に取り組んでいる医師、杉山孝博さんが6日、栄区桂台中の福祉施設で講演を行った。認知症の人への対応や地域の理解、見守りの大切さを訴えた。

 主催したのは「第3期本郷中央地区支えあい連絡会」と「上郷西地区つながるプラン推進会議」。地域住民ら192人が参加した。

 杉山さんは「ぼけても心は生きている」として認知症の人が書いた詩を読み上げ、認知症になっても様々な能力があることを紹介。記憶障害や自己有利、感情残像など認知症と向き合う「9大法則・1原則」を解説し、認知症への理解を深める大切さを訴えた。杉山さんが監修した映画「認知症と向き合う」の上映もあり、参加者は熱心に耳を傾けて聞き入っていた。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter