港南区・栄区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

大臣表彰、栄区で2団体 みどりの愛護に功績

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
里山の維持管理に取り組む愛護会のメンバー
里山の維持管理に取り組む愛護会のメンバー

 花と緑の愛護活動に功績のあった団体を称える「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞者が5月1日に発表された。全国で115団体が受賞し、そのうち栄区から「本郷ふじやま公園運営委員会公園愛護会」と「湘南桂台みどりの会」の2団体が受賞した。

 同愛護会は2008年3月に活動を開始し、現在は19人で構成している。里山の自然が残る本郷ふじやま公園の園内の巡視や樹木の手入れ、除草、清掃のほか、市民参加型のイベントを行っている。地域に欠かせない公園を支える愛護会としての活動が評価された。

 一方、湘南桂台みどりの会は2014年、地域の高齢化が進む中、魅力ある美しい街を次世代に引き継ごうと、住民の有志によって設立。市の助成金事業を活用して地域の商業施設やバス折り返し所のほか、小中学校や福祉施設、道路の緑化を進めてきた。そのほかにも講習会や中学校との協働による花植え、オープンガーデンなどを実施し、住民同士の交流にも一役買っている。

 みどりの会の南里要さんは「花と緑で一杯の美しく魅力ある街として再生したいという会の思いを受けて行政や地域内の事業主、住民、施工造園業者が熱意を持って支援していただいたおかげ。感謝している」と話す。

 同表彰は「みどりの日」の制定の趣旨を踏まえ、花と緑の愛護活動に顕著な功績があった民間団体に対し、功績を称え、緑化推進活動の模範として表彰するもの。今年で31回目を迎え、全国で115団体、横浜市内で5団体が表彰された。
 

花と緑を通した街づくり取り組む湘南桂台緑の会
花と緑を通した街づくり取り組む湘南桂台緑の会

本郷台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

食育活動15年に終止符

【Web限定記事】

食育活動15年に終止符 教育

栄区の子ども支援農園

5月21日号

大臣表彰、栄区で2団体

大臣表彰、栄区で2団体 社会

みどりの愛護に功績

5月14日号

剣道稽古もオンライン

剣道稽古もオンライン スポーツ

日限山少年剣友会が毎日

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

飲食店、原則禁煙へ

改正健康増進法

飲食店、原則禁煙へ 社会

市、主要駅周辺で確認調査

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク