港南区・栄区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

上大岡の飲食店と協力し、デリバリーサービス「上大岡Eats」を立ち上げた 新澤 聖樹さん 港南区大久保在住 43歳

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

街の飲食店を守るために

 ○…外出自粛が呼びかけられる中で大きな打撃を受けている外食産業。各飲食店では持ち帰りの対応などを始め、この苦境を乗り切ろうとしている。そんな中、上大岡駅周辺の店に声をかけてウェブから注文ができる配達サービス「上大岡Eats」を新たに立ち上げた。稼動1カ月で約10店が参加し、今後も増やしたい意向だ。「街の飲食店を支えてくれているのは地域の人たち。より便利なものにできたら」

 ○…自身も上大岡地区で8店の飲食店を経営している。従来から「隣近所の店とは競うよりも協力した方がいい」と考え、街全体の魅力を上げようとイベントを企画して他店と連携してきた。そのため、新サービスも素早く実現することができた。今はこの状況を乗り越えることが第一だが、「外食のあり方は大きく変わった。いろいろなことを見直さないといけない」と先行きを厳しく見据える。

 ○…日下小、笹下中、上郷高(現・横浜栄高)と地元で育ち、大阪の辻調理師専門学校に進んだ。人を喜ばせる仕事がしたいと進んだ道だったが、慣れない包丁さばきに苦戦し、アルバイトのまかないで食べ繋ぐような苦しい学生時代だった。卒業後は横浜のホテルに務め、そこから各種の飲食店で腕を磨いた。その経験を生かして地元・上大岡に戻り、20代後半で念願の「自分の店」を構えた。

 ○…配達サービスは需要の見込みが難しく、手探りでの試行錯誤の日々が続く。自ら三輪バイクに乗ってみて容器もすぐに見直した。「料理でいうと、冷蔵庫の材料でパパっと作るような工夫をするのが好きなんです」。未だトンネルの先を見通すのは難しい。だが、前向きなアイデアと行動力で、愛する地元を守る道を模索している。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

春木 磨碑露(まひろ)さん

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役

春木 磨碑露(まひろ)さん

港南区日野在勤 43歳

9月2日号

黒川 和紀さん

野庭住宅第一自治会会長の

黒川 和紀さん

野庭町在住 50歳

8月26日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月19日号

大井 和子さん

NPO法人きずな会理事長で横浜港南ロータリークラブ53代目会長の

大井 和子さん

大久保在住 61歳

8月12日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook