港南区・栄区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 食育活動15年に終止符 栄区の子ども支援農園

教育

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
栄区桂台北10の子ども支援農園
栄区桂台北10の子ども支援農園

 栄区桂台北の「子ども支援農園」で6月に最後となる玉ネギの収穫が行われる。ボランティアが運営を担い、地域の子どもたちの食育の場として活動して15年。最後に地域住民ら一般にも収穫を体験してもらい、その歴史に幕を閉じる。

 「ボランティアとして活動してから15年。今年でひと区切り。地域の皆さんと交流できたことに感謝している。最後に皆さんに収穫を体験をしてほしい」と高田良活代表。

 同農園の活動は2006(平成18)年に本郷中央地区の民生委員・児童委員が中心となり、まちづくりの一環としてスタート。当初は名称を「子ども支援菜園」として桂台西に畑を開設した。ボランティアのメンバーらが近隣の子どもたちと野菜を植え、食育の場として地域に根差した活動を続けてきた。

 2014年ごろには桂台北に場所を移し、「子ども支援農園」と名称を改めた。栄区全域の子どもを対象に広げ、毎年6月には玉ネギ、秋にはサツマイモを収穫してきた。現在、ボランティアのメンバーは18人。ただ、メンバーの高齢化も進んでいるという。

6日から収穫体験

 今年は当初、桂台小学校の創立50周年記念行事として玉ネギの収穫体験を計画していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために中止に。そこでメンバーは地域への感謝の思いを込め、感染症対策を図りながら一般も参加できる収穫体験を企画した。

 収穫体験の日程は6月6日(土)から10日(水)まで。午前9時30分から11時30分まで。会場は栄区桂台北10の農園。参加費は無料。但し収穫物は4つで100円。

 申し込みは当日の会場にて。感染症対策のため畑への入場は30人ほどに制限して実施する。数に限りあり(約4000個を用意している)。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

生徒と最後の展覧会

公田町刺繍教室

生徒と最後の展覧会 文化

主宰の藤森さん 40年に幕

10月14日号

町内会館で初の販売会

大久保最戸地区社協

町内会館で初の販売会 社会

障害者地域作業所と連携

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

子育て問題の映画上映

港南区主婦ら

子育て問題の映画上映 教育

10月16日 ウィリング横浜

10月7日号

2年ぶりのミニ文化祭

日野中央公園

2年ぶりのミニ文化祭 コミュニティ文化

ひの写真展も開催

9月30日号

道真像12年ぶりご開帳

永谷天満宮

道真像12年ぶりご開帳 文化

地元住民らが参列

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook