港南区・栄区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

横浜港南RC ハンドソープを寄付 区内の子ども施設99カ所へ

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
寄付のため港南区役所を訪れた根本会長(左)と、受け取った今冨雄一郎区長(右)
寄付のため港南区役所を訪れた根本会長(左)と、受け取った今冨雄一郎区長(右)

 横浜港南ロータリークラブ(根本雄一会長)が5月27日、新型コロナウイルス感染症予防対策として、港南区役所に液体ハンドソープを寄付した。早速、港南区内の保育所や幼稚園、放課後児童クラブの合計99カ所に郵送され、子どもたちの手洗いに活用されている。

現場の声に即対応

 「今、自分たちができることで本当に必要なことは何か、地域で足りていないものは何か、と考えたら子どもたちのハンドソープだった」。そう話すのは根本雄一会長。

 同ロータリークラブは1969年に創立し、昨年で50周年を迎えた。ロータリアンと呼ばれる会員は、企業の経営者のほか、医師や弁護士など専門職に従事している人を中心に構成され、地域の奉仕活動に取り組んでいる。

 今回の液体ハンドソープ寄付は、保育園や幼稚園の運営に携わる会員からの声を聞いて発案。保育園や幼稚園では寄付などによってマスクはある程度確保できているものの、店頭で品薄状態になっている液体ハンドソープは園内で使用する量を入手するのが難しかったという。

 そこで同ロータリークラブでは商社を経営する会員のルートを通じて泡タイプの液体ハンドソープを入手。ボトル入り9本を99セット、詰め替え用9袋を99セットを用意した。コロナ禍でイベントや活動ができなかったため、社会奉仕委員会(高森正雄委員長)の活動資金を購入費に充てることができたという。

 6月3日から再開した春日野幼稚園(港南区日野中央)の田野井儀寿園長は「液体ハンドソープはなかなか店頭で見つからず、売っていても制限があるため園で使う分を入手するのは困難だった。こうした寄付は本当にありがたい」と話す。

「支援続けたい」

 根本会長は「これからコロナとは長い付き合いになるのだろう。困っているところにはモノやお金の寄付や労働力の提供など様々な支援が必要になる。収束しても影響は長く続くことになるので支援を続けていきたい」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

駐日大使と対話実現

港南区の高校生

駐日大使と対話実現 社会

コロナでオンライン活用

1月21日号

デジタル観光マップ公開

港南区

デジタル観光マップ公開 文化

ルート検索も可能に

1月21日号

粗大ごみ搬入ヤード新設

栄区上郷町

粗大ごみ搬入ヤード新設 社会

港南区の施設は終了

1月14日号

「緊急事態」に手探り続く

「緊急事態」に手探り続く 社会

地元各店、対応強いられ

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

3月から利用予約受付へ

港南公会堂

3月から利用予約受付へ 社会

供用開始は5月10日予定

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク