港南区・栄区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

市政報告 コロナ危機を乗り越えて、安心のくらしを 日本共産党 横浜市会議員 みわ智恵美

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 新しい横浜市会の本会議場で6月23日、私は横浜市の新型コロナ対策第二次補正予算案に対する質問を行います。この間、商店街の皆さん、介護の現場、医療関係者の皆さんの声を聴く中で、このままでは横浜のまちそのものが壊れてしまうのではないかという危機感を持っています。また3カ月間学校に行けなかった子どもたちの学びや心のケアを十分に行うことができるのだろうかと不安があります。

 日本共産党横浜市会議員団は、横浜市長にコロナ対策への取組の強化を求めて、この間、計3回の申入れを行いました。

 その中では【1】すべての市民・労働者、事業者に、生活と営業が持ちこたえられる補償を速やかに実施すること、【2】医療崩壊を止めるために、PCR検査体制の大幅拡充と医療現場への財政支援を行うこと、【3】保健所体制の拡充、【4】介護や障害者への社会保障体制を守り、DV対策や児童虐待、外国人支援を行うこと、【5】こどものいのち、健康を守り、学びの保障を、【6】公平な保育行政と学童保育の安心・安全・安定、【7】防災計画の見直し、などを求めました。

不急事業を見直し子どもや医療に

 芸術文化関係者への支援や子育て世帯への支援、PCR検査体制の一定の拡充などが実施されますが、子どもたちへの支援はあまりにも不十分で、また医療現場もこのままでは持ちこたえることが難しい状況です。国の予算の範囲内でのコロナ対策だけではなく、横浜市は住民の福祉の向上に働く地方自治体として、財源を生み出し、市民が求める安心に応えていくべきです。

 IRカジノ誘致・テーマパーク誘致・新劇場などにかかる60億円、国内外からの誘客促進にかかる2億1700万円、MICE事業の3億3871万円、オリンピック関連の23億5600万円、クルーズ客船の寄港促進と受け入れ機能強化にかかる24億4800万円など、これらだけでも113億円以上の捻出が可能です。不要不急の事業を見直し、いま真に必要なことに取り組むべきです。ぜひ、議会傍聴をお願い致します。

みわ 智恵美

横浜市港南区上大岡西1-19-20-301

TEL:045-844-3635
FAX:045-841-8975

http://www.miwa-chiemi.jp

本郷台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/new/hongoudai_open.html

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ対策へ予算187億円

3期目議員による市政報告 105

コロナ対策へ予算187億円

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

6月25日号

市民と医療、経済、新たな日常3つを柱に補正予算

市会議員 たのい 一雄 市政報告

市民と医療、経済、新たな日常3つを柱に補正予算

6月18日号

コロナ危機を乗り越えて、安心のくらしを

市政報告

コロナ危機を乗り越えて、安心のくらしを

日本共産党 横浜市会議員 みわ智恵美

6月18日号

コロナとの生き方、日々の暮らし

コロナとの生き方、日々の暮らし

―栄区らしい活動支援を―

6月4日号

「教育」「経済」の回復へ取り組みます

自由民主党 せのま康浩 市政報告

「教育」「経済」の回復へ取り組みます

「新たな都市活力推進特別委員会」副委員長に選任

6月4日号

介護・福祉従事者の待遇改善でコロナ禍の現場崩壊を防げ

国政報告vol.8

介護・福祉従事者の待遇改善でコロナ禍の現場崩壊を防げ

立憲民主党・衆議院議員 早稲田ゆき

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク