港南区・栄区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

栄区 「生ごみ処理器」購入を補助 横浜本郷RCが販売協力

社会

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena
小型のミニ・キエーロ(土は別途必要)
小型のミニ・キエーロ(土は別途必要)

1000円で購入可

 ごみ量の削減を目的に栄区役所が8月28日、栄区民を対象に生ごみ処理器「ミニ・キエーロ」の購入補助制度を開始した。あわせて奉仕団体の「横浜本郷ロータリークラブ」の協力を受けて9月1日から、区内3カ所で同製品の販売を始めた。販売価格は3000円だが、補助を活用すると1000円で購入できる(土は別途用意する必要あり)。

 「キエーロ」は土の中のバクテリアを利用して生ごみを消滅させる生ごみ処理容器。容器に黒土を入れえるだけの簡単な仕組みで臭いや虫も発生しにくく、処理後の土は堆肥として活用できるのが特徴だ。

 「ミニ・キエーロ」はキエーロの小型版。容量約27リットルでベランダにも置けるサイズとなっている(58cm×39cm×33cm)。栄区役所は2015年からモニターを募集して実際に区民に利用してもらい、このほど補助開始に踏み切った。

その場で手続き

 区内で新たに販売を開始したのは横浜本郷ロータリークラブ会員の(株)ファンケル飯島事務所(飯島町109の1)、(株)さくら住宅本社(桂台西2の4の3)、エミールの森ひよこ保育園(小山台1の33の10)の3カ所。その場で補助金申請書に記入をすれば同クラブが手続きを代行してくれるため、その場で補助を受けられる。区役所の担当者は「どなたでも手軽にできるので、ぜひ活用してほしい」と話す。

 問い合わせは栄区役所地域振興課資源化推進担当(【電話】045・894・8576)へ。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter