港南区・栄区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

栄区3地区センター フェイスサーモを導入 入館者の検温スムーズに

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
顔認証で体温を測るフェイスサーモ
顔認証で体温を測るフェイスサーモ

 栄区の本郷地区センターに2日、顔認証パネルで体温を測定する「フェイスサーモ」が導入され、施設入口付近に設置された。運営を担う「さかえ区民活動支援協会」が独自に設置したもので、コロナ対策としての入館者の検温をよりスムーズに行うのが目的。同じく豊田、上郷地区センターにも10日に設置した。

利用者滞留を防止

 同協会は栄区内の地区センターやコミュニティハウスなどの施設を運営するNPO法人。区内各施設ではコロナ感染拡大防止策としてスタッフが非接触体温計で入館者の検温を実施している。

 なかでも、本郷、豊田、上郷の3地区センターは時間帯によって利用者が集中することなどがあったという。そのため、入館時の検温のために利用者が滞留することを防ごうと、このほどフェイスサーモの導入に踏み切ったという。

心理的負担も減

 同協会によると、「よりスムーズに検温ができるので、検温のために列ができてしまうのを避けられる。検温器を向けられるのは心理的に嫌がられることもあるので、導入は利用者からも好評なよう」という。またフェイスサーモは利用者が画面の前に立てば、顔認証によって自動で検温されるため、その都度スタッフが対応する必要がなく、負担減にもつながっている。

 今回の3地区センターのほか、現時点では区内の他施設への設置は予定していないが、同協会は「各施設の具体的な利用状況をみながら、必要性があるかどうかといった検討は続けていきたい」としている。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

小中学生将棋で全国へ

小菅ケ谷小佐々木君

小中学生将棋で全国へ 文化

関東ブロック代表に

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

存続の危機にも地道に

横浜栄高鉄研同好会

存続の危機にも地道に 教育

ツイッターなどで発信続け

10月15日号

規制緩和で移動販売実現

市営野庭住宅

規制緩和で移動販売実現 社会

「空き駐車場」を有効活用

10月15日号

自治会50周年を祝い

県営日野団地

自治会50周年を祝い 社会

高齢化でも「前向きに」

10月8日号

コロナ禍の災害に備え

湘南桂台自治会

コロナ禍の災害に備え コミュニティ社会

感染者の誘導など確認

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク