港南区・栄区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

湘南桂台自治会 コロナ禍の災害に備え 感染者の誘導など確認

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 このコロナ禍で災害が起きたら――。栄区の湘南桂台自治会(黒川哲明会長)が10月3日、新型コロナウイルスの感染者や発熱がある人への対応を盛り込んだ初の防災訓練を地域防災拠点の桂台中学校で実施した。いつ発生するか分からない災害への備えとして、具体的な誘導や隔離方法などを確認した。

 同自治会は毎年春と秋の年2回防災訓練を実施しており、今年はコロナの影響で春の実施は中止となった。一方で、いつくるか分からない災害への備えとして対応を確認する必要性が高いことから、今回は自宅療養中の感染者や発熱者が地域防災拠点に避難した場合の誘導手順などを含めた訓練を実施した。

 避難者役として参加した住民らはプレートを首から下げ、「発熱あり」「要介護」「ペットあり」など各避難者の設定を表示。運営側が受付で検温を実施し、これまで避難場所としていた体育館の他に教室も使って、避難者の設定に合わせた誘導や隔離を行った。

 また一人ひとりのスペース確保のため、防災拠点の入口や順路も従来から見直した。避難所となる体育館は従来180人を収容する想定だったが、ソーシャルディスタンスを考慮して70人の想定でスペースをとった。

「配慮も必要」

 訓練を振り返り、同自治会の山本和也副会長は「隔離のため教室の入口に『陽性者』と書いた紙を貼ったが、感染している人に対する心理的な配慮が足りない気がした。工夫が必要だと思う」と感想を話した。

 また黒川会長は「実際の発災時には様々な事情がある避難者がいる。まずは訓練を踏まえて反省を生かしていくことが大切で、接触を防ぐ方法など気付きを今後に生かしていきたい」と話した。
 

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

小中学生将棋で全国へ

小菅ケ谷小佐々木君

小中学生将棋で全国へ 文化

関東ブロック代表に

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

存続の危機にも地道に

横浜栄高鉄研同好会

存続の危機にも地道に 教育

ツイッターなどで発信続け

10月15日号

規制緩和で移動販売実現

市営野庭住宅

規制緩和で移動販売実現 社会

「空き駐車場」を有効活用

10月15日号

自治会50周年を祝い

県営日野団地

自治会50周年を祝い 社会

高齢化でも「前向きに」

10月8日号

コロナ禍の災害に備え

湘南桂台自治会

コロナ禍の災害に備え コミュニティ社会

感染者の誘導など確認

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク