港南区・栄区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

2020年度横浜市男女共同参画貢献表彰で功労大賞に選ばれた 岩城 孝子さん 宅建協会横浜西部支部長 75歳

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena

出来ること一生懸命に

 ○…県宅地建物取引業協会の副会長のほか、栄区をはじめ市内6区からなる横浜西部支部の支部長を務める。県協会初の女性理事として、女性部会連絡会を設立するなど女性参画や働きやすい職場づくりに取り組んできた。地元葛野小の放課後キッズクラブ立ち上げにも尽力するなど公私に渡る活動が評価され、市の男女共同参画貢献表彰で功労大賞に選ばれた。

 ○…「本当に私を活かしてくれた皆さんの『おかげ様』と思います」。感極まって涙を浮かべながら受賞の心境を語る。6年前に受賞した推進賞の賞状にあった「今後も頑張るように」との一文を胸に、今できることを一生懸命にやってきた。13年前の女性部会連絡会発足の際には他県の先行例を視察。女性が意欲をもって開業、就業できる環境づくりや意欲向上を目的に、研修や意見交換会などを企画した。現在は会員の2割が女性社長。県協会初の女性事務局長も誕生した。一方で「女性の良さ・男性の良さを存分に発揮して、いきいきと働けるのが理想」とも語る。

 ○…宮崎県出身で、東京五輪の年に大学進学のため上京。卒業後は一度法律の道をめざしたが、縁あって免許を取得した不動産業の世界に飛び込んだ。実務経験もないまま始めた中、原動力になったのが人生のドラマに立ち会えるという不動産業の魅力。「うれしい人、悲しい人、頑張る人に携われる。人生の彩りに参加できるいい仕事」と思いを述べる。

 ○…地域では3人の娘を育てながら働いた経験から学童保育の立ち上げにも尽力。今でも理事長を務める。自治会役員や民生委員・児童委員としても活動中。多彩な活動の源は「人が好き」。「人の輪の中に自分がいられることが一番幸せかな」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

5月に50年を迎える全日本新芸書道会の会長を務める

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

東永谷出身 57歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook