港南区・栄区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

横浜市 コロナ禍の芸術家を支援 活動経費などに助成金

文化

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
様々な角度から動画を楽しめる、バーチャル版芸術フェスティバルサイト「横浜WEBステージ」
様々な角度から動画を楽しめる、バーチャル版芸術フェスティバルサイト「横浜WEBステージ」

 新型コロナ感染症の影響で公演機会が減り、経済的に苦境に立たされながらも新たな表現方法を模索するアーティストを支援しようと、市は活動支援金の助成や相談センターの設置などで対応している。多岐にわたる支援で「市域の文化芸術の灯をともし続けたい」としている。

緊急事態宣言で公演減

 市文化観光局によるとコロナ禍で文化施設の利用者数は従来と比較して激減。主要文化施設を対象に行った調査では昨年10月時点で利用率71%まで回復したが、1月8日に緊急事態宣言が再発出されると落ち込みは加速し従来の半数以下に減少している印象だという。

 市はアーティストへの支援策として、昨年5月の補正予算で市内在住か市内に活動拠点を置くプロの芸術家を対象に、活動再開までの必要経費を上限30万円で助成し826件を採択。また市内文化施設で映像制作や配信を行った芸術家209件にも、上限70万円を助成した。

 さらに12月補正予算を受けて、市内施設での公演にかかる費用として最大50万円を300件ほど助成する計画だ。

出演料払い動画配信も

 助成金以外にも、税理士ら専門家を配した「臨時相談センター」を設け昨年5月から1月末までに資金関連など117件の相談に応じた。昨年9月には、ドローンや360度カメラなど最新撮影技術で収録した動画を無料配信するサイト「横浜WEBステージ」を立ち上げ、これまでに音楽や舞踊の分野で活動する約300人がパフォーマンスを行った。出演者には出演料も支払われる。

 神奈川区の文化施設「かなっくホール」の担当者は「助成金を使い、当館で動画撮影をする人もいる。公演数が減るなか、当館では芸術家に出演料を支払い、動画配信に取り組んでいる」と話し、支援方法を模索しているという。

 助成金を活用したサックス奏者の皆川トオルさんは「昨年と比べ公演数は8割減になり、コロナ禍でも何か作品を作りたいと支援を受けた。若いミュージシャンはネットで情報収集し、ほぼ100%が行政支援を受けているが、中高年以降は2割程度では」と述べた。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter