港南区・栄区版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

栄区 交流都市の今を情報紙に 区民がインタビュー

社会

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena
発行した情報紙の表紙
発行した情報紙の表紙

 コロナ禍で交流が制限されるなか、栄区の友好交流都市の町・村の関係者を区民が取材し、各地の今を伝える情報紙「つながる4都市物語」がこのほど発行された。取材活動は今後の交流にも繋がりそうだ。

コロナ禍でも工夫して

 情報紙は栄区役所の委託を受け、区民からなる栄区友好交流都市情報紙編集委員会(山上東平委員長)とMT+Labolatoryが企画・製作した。A4サイズのリーフレットで8ページに渡り、長野県栄村、青森県南部町、山形県高畠町の関係者取材を通じた現状を伝えている。

 コロナ禍で各地のイベントも多くが中止となったが、村の有線放送を使った歌の披露や、オンラインでの「芋煮会」など交流の工夫がインタビューで語られている。

 情報紙は5000部を発行し、区役所や図書館、地区センターなどで配布している。

今後の交流へ繋ぎ

 取材をしたのは実際に現地を訪れたことのある区民で、編集委員の木暮寿子さんは「知り合い伝いでインタビューができ、話を聞いたのでとてもスムーズだった。いろんな話題で盛り上がった」と振り返る。

 また今回の情報紙づくりが新たな交流のきっかけにもなっているという。従来は秋の区民まつりに友好交流都市のブースを出店するのが大きな交流の1つだったが、「情報紙をきっかけにみなさんと話をしていく中で、やはり継続的に関係性をもっていくことが交流をより深いものにすると感じた」と木暮さんは語る。オンラインを活用した「四都市さかえみらい会議」(仮称)の構想や、若者を中心とした交流の土台作りに向けた各自治体との調整なども準備を進めているという。
 

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter