港南区・栄区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

日野南中野球部 市総体で初優勝 26人一丸で「凡事徹底」

スポーツ

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
日野南中野球部のメンバー
日野南中野球部のメンバー

 横浜市中学校総合体育大会(総体)の野球大会の決勝が7月24日に行われ、港南区の日野南中学校が浜中学校(磯子区)をタイブレークの末に下し、優勝を果たした。日野南中は全国出場の実績もあるが、夏の市大会での優勝は初。

  ◇   ◇

 日野南中は今大会、準々決勝で春の市大会を制した境木中(戸塚区)を3対1で下すと、準決勝では名瀬中(戸塚区)に7対2で勝利した。決勝の浜中戦は終盤まで6対2で優位にゲームを運んでいたが最終回の七回ウラに同点に追いつかれる展開に。日野南はタイブレークで勝負強く4点を先取し、そのまま失点することなく優勝を果たした。

 同大会では上位6位チームが県大会に駒を進めるため、主将の内田智也君(3年)は「県大会出場を目標にチームで頑張ってきたが、それ以上の結果になってうれしい」と笑顔を見せた。

「課題の打撃」が武器に

 もともと守備力はあり、投手は120キロ台の直球と巧みな変化球をもつエースの柴崎迅君(3年)と球威のあるストレートが持ち味の淺野秀宇君(3年)の2枚看板が安定感を誇っていた日野南。チームの課題は専ら打撃面だったという。顧問の加藤祐貴教諭(39歳)によると、春から夏にかけて「ボールとストライクを見極めてボール球を打たないように、それから逆方向への強い打球を意識する練習に注力した」という。

 大会中も試合を重ねるごとに打撃が向上し、選手たちの自信にもつながった。1年生から3年生まで26人が所属する日野南中野球部について内田主将は「練習後には毎回ミーティングをして、反省点なども共有し合った。個性が強いメンバーだけど、なんでも言い合える関係でまとまることができてきた」と振り返る。また「凡事徹底」を合言葉に、「できることをしっかり、いつも通りやろう」と呼びかけ合ったという。

県大会は惜しくも

 関東大会への切符をかけて県大会に進んだ日野南だったが、初戦でつきみ野中(大和市)に0対1のサヨナラ負けを喫し、夏の大会を終えた。

 加藤教諭は「コロナ禍でもあり野球ができるのは当たり前ではない。そんな中で培った前を向く強さや、仲間を大切に思う心を胸にこれからの人生も歩んで行ってもらえたら」と思いを語った。
 

2月5日(土)税の無料相談会

13時30分~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

市内集団接種は13カ所

ワクチン3回目

市内集団接種は13カ所 社会

港南・栄は「方面別会場」なし

1月20日号

宇津木・丸尾ペア全国へ

小学生ソフトテニス

宇津木・丸尾ペア全国へ スポーツ

コンビ2年で県制覇

1月20日号

開発50周年で「白書」完成

港南台住民有志

開発50周年で「白書」完成 文化

「次代の参考にもなれば」

1月13日号

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ

老人福祉センター

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ 社会

感染対策して「3年ぶり」

1月13日号

下野庭&小坪 全国で躍動

下野庭&小坪 全国で躍動 文化

小学生マーチング大会

1月6日号

ウェブでまちの魅力発信

栄区

ウェブでまちの魅力発信 社会

「居住者増」へ官民連携

1月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook