港南区・栄区版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

港南中陸上部 "伝統のリレー"で全国へ 2大会連続の県制覇

スポーツ

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena
県大会を優勝した港南中の(左から)三ヶ尻さん、三橋さん、三枝木さん、吉田さん
県大会を優勝した港南中の(左から)三ヶ尻さん、三橋さん、三枝木さん、吉田さん

 港南中学校の陸上競技部が7月18日、三ツ沢公園陸上競技場で行われた「第67回全日本中学校通信陸上競技神奈川県大会」の女子4×100mリレーで優勝し、全国行きを手にした。港南中は一昨年にも県で優勝し、昨年は大会が中止だったため、同競技では2大会連続の県制覇。8月18日から茨城県で行われる全国大会に出場する。

 同競技に出場した港南中のメンバーは、吉田茜さん(2年)、三枝木結衣さん(1年)、三橋優亜さん(3年)、三ヶ尻実悠さん(2年)の4人。予選タイム上位8チームが決勝に駒を進め、港南中は決勝を50秒26のタイムで駆け抜けて1位に輝いた。

 陸上競技部の部長も務める三橋さんは「いろんな大会が中止になったので、自分たちの実力を計れないのは不安だった。全国の舞台ではベストタイムで入賞を目指したい」と思いを語った。

学年越えて仲良く

 顧問の古田実教諭によると、港南中陸上部はこれまで全国大会でもリレー競技の実績が多いという。そのため、「部員たちにもリレーは負けられない、という特別な伝統が代々引き継がれている気がします」と古田教諭は話す。

 今夏のメンバーは4人中、2人が2年生で1人は1年生という異例の構成。だが吉田さん、三枝木さんは県大会中100m走の学年別でそれぞれ県2位となるなど、実力は折り紙付きだ。県大会で第1走者を務めた吉田さんは「フライングをしたら失格、という緊張感はいつもあるけれど、思いきり走ることができた」と振り返る。

 また1年生の三枝木さんは昨年度、小学校生活最後の大会がコロナの影響でなくなってしまったため、「こうしてまた大きい舞台に出させてもらい、まずは開催自体に感謝の気持ち」と話した。

 チームをまとめる三橋さんは「みんな明るくて仲が良い。最後までバトンパスの速さと美しさを追求したい」と笑顔を見せた。古田教諭は「全国大会ではさらに上がいる。若いチームなので来年以降も見据えて、良い経験になるようベストを尽くせたら」と話した。
 

2月5日(土)税の無料相談会

13時30分~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

市内集団接種は13カ所

ワクチン3回目

市内集団接種は13カ所 社会

港南・栄は「方面別会場」なし

1月20日号

宇津木・丸尾ペア全国へ

小学生ソフトテニス

宇津木・丸尾ペア全国へ スポーツ

コンビ2年で県制覇

1月20日号

開発50周年で「白書」完成

港南台住民有志

開発50周年で「白書」完成 文化

「次代の参考にもなれば」

1月13日号

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ

老人福祉センター

「蓬莱荘」の大浴場、再開へ 社会

感染対策して「3年ぶり」

1月13日号

下野庭&小坪 全国で躍動

下野庭&小坪 全国で躍動 文化

小学生マーチング大会

1月6日号

ウェブでまちの魅力発信

栄区

ウェブでまちの魅力発信 社会

「居住者増」へ官民連携

1月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook