港南区・栄区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン 前田 知洋さん 神奈川県内在住 55歳

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

温故知新のマジック

 ○…箱の中の人が消えるといった大がかりなステージマジックが主流だった時代。「小さなマジックでは食えない」と言われるなか、トランプを使い観客の近くで見せる「クロースアップ・マジック」にこだわり続け日本に広めた人物だ。

 ○…東京都品川区出身。ロボットに憧れた少年時代。工業高校を卒業後、東京電機大学でAI(人工知能)について研究。手先が器用でモノづくりは得意だった。大学のマジックサークルに入ったが「当時はカタカナの職業というだけで敬遠された時代。マジシャンになるなんて想像もしなかった」と笑う。卒業後は語学留学で渡米。電機メーカーに就職しようと思っていた矢先、ハリウッドにあるマジックの殿堂に日本人最年少で出演。中区新山下のレストラン『タイクーン』からオープニングで専属マジシャンの話が舞い込んだ。断るつもりで提示した「メジャーリーガーの年俸」が思いがけず快諾され、24歳の時、横浜でプロの道へ踏み出した。

 ○…「まだ若くて社会経験もなかった自分に、人として大切なことを教えてくれたのが横浜の人たちだった」と感謝する。現在の住まいは湘南だが、10年間栄区に住んでいたことも。「古き良き伝統を大切にしながら新しいものを取り入れる横浜の街は、自分のマジックにも通じるところがある」。先人マジシャンたちへの敬意を胸に、唯一無二のマジックを生み出している。

 ○…導かれるようにマジシャンを続けて30年。歴代総理や各国大使、財界人など世界のセレブも魅了し「奇跡の指先」と称される。輝かしい経歴が増えても「目の前の人にどうしたら楽しんでもらえるか」という原動力は変わらない。「マジックで社会や人の役に立てたら」と笑顔を見せた。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

春木 磨碑露(まひろ)さん

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役

春木 磨碑露(まひろ)さん

港南区日野在勤 43歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook