港南区・栄区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

新市長誕生 〈下〉 選挙活動 SNSも主戦場 コロナ禍、街頭演説難しく

政治

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
山中氏のプライベートを動画で紹介したYouTubeのチャンネル
山中氏のプライベートを動画で紹介したYouTubeのチャンネル

 新型コロナの感染拡大以降、横浜市内では初めての選挙となった市長選。コロナ禍で各候補者や陣営は、これまでとは異なる選挙運動を展開せざるを得なかった。

 選挙運動の「定番」とも言える駅前の街頭演説も大きく様変わりした。

 「全然人がいないじゃないか」。落選した林文子氏を支援した市議は駅前の人の少なさを嘆いた。コロナ禍で進むテレワークや外出自粛で、今までの選挙時に人が集まった場所に人がいない。飲食店が午後8時に閉店することもあり、7時を過ぎると駅周辺の人は一気に減っており、その時間帯に街頭演説をする候補者は少なかった。

 各陣営が力を入れたのがSNSでの活動。候補者8人全員がツイッターアカウントを持ち、多くが活動の様子や翌日の街頭演説予定を伝えた。

 当選した山中竹春氏は、本人の話を音声のみで配信するツイッターの機能を駆使し、推薦した立憲民主党の枝野幸男代表らをスピーカーに招く企画を実施。8千人以上がこの様子を聴いた。ほかにも山中陣営は、山中氏が政策的な考えを語る動画のほか、趣味や特技を披露する様子も配信するなど、硬軟織り交ぜた内容で有権者の関心を引こうとしていた。

仮想空間に事務所

 元衆議院議員でIT担当副大臣も務めた福田峰之氏は、実際の選挙事務所を設けず、Web上に「バーチャル選挙事務所」を設置し、仮想空間で有権者の要望や意見を聞いた。事務所スタッフの会議も実際に集まらず、Web上で行うことが多かったという。今回の公約に「行政のデジタル化」を掲げており、自らの選挙戦でそのモデルを示した形だった。

 福田氏はSNSだけでなく、駅前や商店街での演説も行った。結果は8人中6番目。「若い層にも支持を得た」とWebの効果を感じたという。

 年内実施の衆院選も含め、コロナ禍の選挙戦は続く。福田氏は「バーチャル事務所のような方法は、今後広がっていくのではないか」とSNS時代の新しい選挙戦のあり方を見据えていた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

Xマス・お正月用品説明会

Xマス・お正月用品説明会 経済

福祉クラブ生協

10月14日号

2区は3氏、4区は5氏か

衆院選

2区は3氏、4区は5氏か 政治

31日に投開票

10月14日号

区民の美術作品ずらり

港南区

区民の美術作品ずらり 文化

ひまわりの郷で29日から

10月14日号

赤い羽根共同募金に協力

桜岡小児童ら

赤い羽根共同募金に協力 教育

10月14日号

「とちのき祭」今年も開催

横浜医療福祉センター港南

「とちのき祭」今年も開催 文化

「来年は地域の方も」

10月14日号

にこりんくに「寝冷えネコ」

栄区

にこりんくに「寝冷えネコ」 文化

鶏卵生産大手が絵本寄贈

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook