港南区・栄区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

区内企業 港南図書館に児童書寄贈 「次代を担う子どもたちへ」

教育

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
寄贈した本を手にする鈴木館長(左)と木村代表
寄贈した本を手にする鈴木館長(左)と木村代表

 水道施設工事や管工事を営む港南区下永谷の(株)ライフ・コア横浜(木村正司代表取締役)がこのほど、港南図書館に児童書51冊を寄贈した。木村社長は「次代を担う子どもたちが本に親しんでくれたら」と思いを語る。

 同社は区内住宅の漏水修理などのほか、主に水道管工事などの公共事業を担っている。市からの受注もあるため、以前から「地元になにか還元できることはないだろうか」と平戸永谷川の清掃活動にも参加してきた。

 その他にも方法を模索していたところ、木村社長がたまたま目にしたのが市のホームページ内の「図書寄贈のお願い」の文字。市立図書館で本の寄贈を呼びかけているのを知り、港南図書館に打診して今回の寄贈が実現した。両者が相談の上、寄贈する本は子どもたちに人気のある本を港南図書館が選び、地元の一幸堂に発注して納品した。

 港南図書館の鈴木裕子館長は「児童書は人気で多くの親子が手にする。長く愛される作品はたくさん親しまれる分、本が傷んできたりもするので寄贈はとてもありがたい」と笑顔で語った。

 寄贈された本はすでに貸出を開始しており、早くも多くの親子が手に取っているという。

「継続して続けたい」

 「デジタル化が進んでいるけれど、本を読むのは大事なこと。教わる勉強だけでなく、いろんな学びが本の中にはあるはず」と木村社長。今回の寄贈は市からの仕事の受注に応じて予算を決めたといい、「今後も毎年寄贈を続けたい。そのためにと思うと仕事のモチベーションにもつながる」と話す。また「地域貢献をしたいものの、何をしたらいいかという企業も多いはず。こういう還元が広がるのもよいのでは」と思いを語った。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

活動10年でNPOに

芹が谷市民団体

活動10年でNPOに 社会

新たに配達弁当事業も

5月12日号

高齢福祉のサイト開設

横浜市

高齢福祉のサイト開設 社会

情報の「窓口」めざす

5月12日号

港南に初のクラブ発足

中学硬式野球

港南に初のクラブ発足 スポーツ

杉田接骨院が全面協力

5月5日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

33年かけ再開発工事 完了

大船駅笠間口

33年かけ再開発工事 完了 経済

まちびらきイベント開催

4月28日号

女性の活躍視野に新計画

横浜市

女性の活躍視野に新計画 社会

企業後押しも狙い

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook