港南区・栄区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

芹が谷やまゆり園の園長としてこのほど新園舎への移転を完了した 守 民夫さん 港南区芹が谷在勤 50歳

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena

その人らしくあるために

 ○…障害者支援施設「芹が谷やまゆり園」の新園舎がこのほど完成し、12月に移転が完了した。2017年に相模原から仮移転して4年、新園舎で新たなスタートを迎えた。同施設では現在、知的障害のある入所者54人が昼夜を過ごし、日中は就労支援などに取り組む利用者もいる。「きれいで立派な施設に利用者のみなさんも喜んでいます」

 ○…思い返すのは2017年4月。津久井やまゆり園での事件のあと、施設の建替期間中の仮移転先となったのが芹が谷にあった県立知的障害者施設「ひばりが丘学園」の跡地だった。当時は総務部長を務め、地元から反対される不安も抱きながら住民説明会を開いた。そんな気持ちを払拭するように地元住民から「よく来てくれた。安心して来てほしい」と迎えられたという。「支え続けて頂いたことには本当に感謝の思いばかり」と思いをかみしめる。

 ○…海老名市出身。福祉系の大学に進み、3年の時に出会った脳性麻痺の男性から大きな影響を受けた。身体が動かせないながらも、若者に指示を出したり、生き生きと暮らすその男性の姿が印象的だった。「その人の意思で切りひらくのが人生。介助者は脇役でしかない」。だからこそ、福祉施設でも利用者第一を常に考えてきた。「事故を起こしてはいけない。けれど安全だけを追求する結果、行動や生活を過度に制限するのもまた、利用者本位でない」

 ○…かつてのひばりが丘学園がそうであったように、近隣の小中学との交流も盛んだ。敷地内の花壇を整備してくれたのは芹が谷の地域作業所「フラワーロード」という。「施設は終の棲家でなく、いずれは地域へ。そのサポートをしていきたい」。優しい眼差しで未来を見つめる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

5月に50年を迎える全日本新芸書道会の会長を務める

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

東永谷出身 57歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook